« 舳倉島の鳥(シギ・チドリ類②) | トップページ | 舳倉島の鳥(トケン類) »

2018年6月25日 (月)

舳倉島の鳥(ツバメ・アマツバメ類)

今日の舳倉島の野鳥は、ツバメ科アマツバメ科をごちゃ混ぜにして、ツバメコシアカツバメアマツバメハリオアマツバメです。(何か少し荒っぽくなってきましたね?coldsweats01

Dotou201805192541

この荒天でフェリーは連日の欠航。 波浪除けの堤防に囲まれた漁港内では、

Tairyouki201805192428

大漁祈願の小旗がはためく係留中の漁船の架線に

Tsubame201805192391

数羽のツバメコシアカツバメが止っていました。

Tsubame201805192424

左の個体は腹が少し赤っぽく、亜種アカハラツバメかと思いましたが違うようでした。

Koshiakatsubame201805192397

こちらは、コシアカツバメ

Koshiakatsubame201805192524

郷里岡山の田舎では4月の中頃には営巣を始めていましたが、5月の下旬でも未だ渡っているんですね。

そして、島の上空には、

Amatsubame201805160018

2羽で追いかけっこをするアマツバメや、

Harioamatsubame201805213405

ハリオアマツバメの姿もありました。

|

« 舳倉島の鳥(シギ・チドリ類②) | トップページ | 舳倉島の鳥(トケン類) »

アマツバメ」カテゴリの記事

コシアカツバメ」カテゴリの記事

ツバメ」カテゴリの記事

ハリオアマツバメ」カテゴリの記事

舳倉島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/66848367

この記事へのトラックバック一覧です: 舳倉島の鳥(ツバメ・アマツバメ類):

« 舳倉島の鳥(シギ・チドリ類②) | トップページ | 舳倉島の鳥(トケン類) »