« 八丈航路の海鳥(アホウドリ) | トップページ | 八丈航路の海鳥(オオセグロカモメ) »

2018年4月 2日 (月)

八丈航路の海鳥(コシジロウミツバメ?)

今日の八丈航路の海鳥は、コシジロウミツバメ?です。

と言っても、昨日のアホウドリに次ぐ、証拠写真中の証拠写真です。ので、ご承知おきを。

場所は、戻って、八丈島と御蔵島の間の海域。数羽のオオミズナギドリが乱舞する中に小さなウミツバメ類の姿が確認されました。

Koshijiroumitsubame201803243955

Koshijiroumitsubame201803243956

左上を飛ぶのはオオミズナギドリ。そして、右下の海面すれすれを飛ぶ小さな海鳥。

下は、その拡大です。

Koshijiroumitsubame20180324z3955

Koshijiroumitsubame20180324z3956

時期的には少し早く、背の模様もはっきりしませんが、腰の白さからしてコシジロウミツバメ としましたが、如何でしょうか?

エイプリルフールは昨日でした。

|

« 八丈航路の海鳥(アホウドリ) | トップページ | 八丈航路の海鳥(オオセグロカモメ) »

Unknown」カテゴリの記事

東京~八丈島航路」カテゴリの記事

コメント

コシジロウミツバメとされている写真の個体ですが、以下の理由からコシジロウミツバメではないと思います。
・翼上面の腰から翼角にかけての褐色の翼帯が見られない。
通常暗色の上面に褐色の帯ですが、当個体は翼帯が暗色です。
・嘴が下方に垂れ下がっていない。
 ウミツバメ類の嘴は小さく、飛翔時は斜め下方向に出ます。
 当個体は水平方向でかつ嘴も大きく見え、ミズナギドリ類と推測されます。

他にも全体的なシルエットや尾羽の形状など、ウミツバメとは思えない箇所があります。
おそらく腰が白っぽい(もしくは白っぽく写った)オオミズナギドリだと思います。

長文失礼しました。

投稿: 通りすがり | 2019年3月15日 (金) 23時23分

通りすがり 様

当拙いブログへのご訪問ありがとうございました。
そして、詳しい識別判定をいただき感謝に耐えません。
海鳥の識別は薄学な小生にとっては大変難しく、まして、米粒ほどの写真画像では不能です。
今後は、不明種はUnknownのカテゴリーで掲載いたしますので、お暇がありましたらまたご訪問いただき、ご教授願えれば幸いです。
ありがとうございました。

瑞鳥庵の住人

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2019年3月17日 (日) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八丈航路の海鳥(コシジロウミツバメ?):

« 八丈航路の海鳥(アホウドリ) | トップページ | 八丈航路の海鳥(オオセグロカモメ) »