« 干潟の放水路のカモ達 | トップページ | 八丈航路の海鳥(オオミズナギドリ) »

2018年3月23日 (金)

あの川は何処に

今日の野鳥は、スズメ ダイサギです。

この時期、何処も鳥影が少なく、昔よく通った近所のMFをカメラ片手に徘徊してみました。

ここのMFは、10年程前まではヤマセミが居た、川幅10mにも満たない小河川です。

居たのは、渡りを前にそわそわしているツグミと、在来種のキジバトムクドリ。 撮影意欲を辛うじて鼓舞され、カメラを向けたのは、

Daisagi201803062442s

浅瀬で小魚を漁る1羽のダイサギと、

Suzume201803062466z

Suzume201803062467z

土手の葦原に集うスズメの群ぐらいでした。

カワセミの姿も見掛けましたが、いつも思い出すのは、この川でブラインドに入って撮ったヤマセミの姿です。 ブラインドの上に止まったヤマセミの影を、息を殺して眺めたのも遠い昔の思い出です。

下は、ブログ未公開の、当時(フィルム時代)のヤマセミの写真です。

Yamasemi07

Yamasemi08

いかん... いかん! 鳥影が少ないと懐古趣味が頭をもたげます。

今夜から、海鳥を求めて八丈島航路のツアーに参加してきます。 目指すは、「沖の太夫 (オキノタユウ)」との遭遇です。さて、鳥運は如何なものでしょうか!?

|

« 干潟の放水路のカモ達 | トップページ | 八丈航路の海鳥(オオミズナギドリ) »

ダイサギ」カテゴリの記事

スズメ」カテゴリの記事

ヤマセミ」カテゴリの記事

コメント

土曜日朝、そろそろお目当ての鳥が出てくる時間でしょうか?
大漁を期待しています。

投稿: 空禅一如 | 2018年3月24日 (土) 09時17分

空禅一如さん
行って来ました。
朝から夕刻まで丸一日の航海でしたが、なんと、お目当ての鳥が一番濃いのは午後の3時以降。海域としては、以外にも、三宅島~大島の東あたりでした。
証拠写真にもならない鳥も居ましたが、目的はほぼ達成出来たのかな?
今、写真の整理中ですが、与那国への出発までにアップ出来るかどうか自信がありません。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2018年3月25日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの川は何処に:

« 干潟の放水路のカモ達 | トップページ | 八丈航路の海鳥(オオミズナギドリ) »