« 眼下で行われたカルガモの擬似交尾 | トップページ | ハシビロガモの飛翔姿 »

2018年3月13日 (火)

臨海公園のオオタカ若

今日の野鳥はオオタカの若鳥です。

雨続きの荒天の後の日曜日、ブログのネタ探しに東京湾の臨海公園に出掛けました。

鳥類園の淡水池にはサンカノゴイが出るようで、休日ともあって大勢のCM。次に訪れる渚の満潮過ぎまで、様子をみることに。

出て来ないサンカノゴイを待っていると、突然、視界を猛禽が横切りました。

Ootaka201803112742

咄嗟の速射で何とか押さえましたが、どうもオオタカの若の様でした。

その後、池の対岸のの枝先に止まっているのを確認し、

Ootaka201803112752

Ootaka201803112755

被りの無い止まりものを撮りましたが、胸の縦斑はオオタカの若鳥です。

下は、拡大ですが、

Ootaka201803112755s

若でも流石に、眼光鋭し!ですね。

この後、獲物を目掛けて飛出しがあったのですが、ハシビロガモのオスに気を取られて、見逃してしまいました。残念!

サンカノゴイですか? この日は出なかったようです。

|

« 眼下で行われたカルガモの擬似交尾 | トップページ | ハシビロガモの飛翔姿 »

オオタカ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
最後残念でしたねぇ。
狙いを定め感覚を研ぎ澄まし飛び出す姿は何ともカッコいいんですけどね。

先日、猟期も終わりやることないんで林道で飛ばしていたら鳥を主に撮っている方に出会いましてお話を聞いたらここでクマタカを撮ったとの事でした!自分の近くの地域にそんな猛禽がいるとはびっくりですよ!

今後の鳥運をお祈りしております。

投稿: ハリス | 2018年3月14日 (水) 08時55分

ハリスさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
自宅の近くといえば鈴鹿山系ですか?
神奈川の私の近くでもクマタカポイントは3箇所もあり、超猛禽のクマタカといえども身近な存在です。
いつまでもこうあって欲しいものですね。
今月末に石垣島を訪れます。鳥運がなくてもカンムリワシは撮れると思います。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2018年3月14日 (水) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臨海公園のオオタカ若:

« 眼下で行われたカルガモの擬似交尾 | トップページ | ハシビロガモの飛翔姿 »