« 冬の舞岡公園の野鳥達 | トップページ | 黄金色の水面を行くミコアイサ »

2018年2月 6日 (火)

超珍鳥のツーショット

今日の野鳥は、クビワキンクロ♀とメジロガモ♂です。

アリスイを撮った足で、メジロガモが戻って来たと聞いていた同じ横浜の公園の池に行きました。この池には、クビワキンクロの雌鳥も入って来ていて、望む楽はツーショットをと甘い期待を持って望みました。

ベーリング海を境に、東のクビワキンクロと西のメジロガモ。どちらも、日本の図鑑の解説に寄れば、「ごく少ない迷鳥」とか「稀な冬鳥」との説明が付く、スズガモ属の超珍鳥です。

現地でお会いした鳥友Tさんと、探すこと暫し、

Kubiwakinkuromejirogamo201801297972

Kubiwakinkuromejirogamo201801297981

Kubiwakinkuromejirogamo201801297983

遠くに、その超珍鳥2羽の姿を発見!

正に証拠写真でしたが、今季、此処でしか撮ることの出来ないツーショットでしょう。

Kubiwakinkuro201801298000

Kubiwakinkuro201801298005

遠くを泳ぐクビワキンクロ♀。 この後、潜ったきり行方不明。 隣のCM曰く、溺れたのでは?

下は、羽色が濃くなった(?)メジロガモ♂の羽ばたきシーンです。

Mejirogamo201801298081

Mejirogamo201801298084

Mejirogamo201801298087

Mejirogamo201801298088

Mejirogamo201801298089

スズガモ属には偶に交雑体が見られます。 この異種同士の雌雄同士、ハイブリットは如何なものでしょうか?

(撮影日:2018.01.29)

|

« 冬の舞岡公園の野鳥達 | トップページ | 黄金色の水面を行くミコアイサ »

クビワキンクロ」カテゴリの記事

メジロガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超珍鳥のツーショット:

« 冬の舞岡公園の野鳥達 | トップページ | 黄金色の水面を行くミコアイサ »