« その後のトモエガモ | トップページ | ハヤブサの飛翔姿 »

2018年2月18日 (日)

猛禽街道の隼と大鷹

今日の野鳥はハヤブサオオタカです。

我が町と隣の町を結ぶ郊外のとある街道、この街道を勝手に「猛禽街道」と呼んでいます。これまでに、亜種チョウセンチョウゲンボウを初め、オオタカノスリハイタカチョウゲンボウはもとより、毎年、ハヤブサが居付いて狩場にしている街道です。

今季は姿を見せず、心配していた矢先、

Hayabusa201802099229

街道脇のいつもの電柱にその姿を見付けました。

Hayabusa201802099236

体色からして昨季と同じ個体の様です。

Hayabusa201802099249

Hayabusa201802099250

Hayabusa201802099263

羽繕いをして、

Hayabusa201802099283

脱糞をした後に、

Hayabusa201802099291

Hayabusa201802099298

ドバトの群の居る方向に飛んで行きましたが、狩ではないようでした。

暫く行方を追っていると、

Hayabusa201802099299

はるか遠くで、他の猛禽とバトルを始めました。

Hayabusa201802099300

Hayabusa201802099301

モニターで確認すると、相手はオオタカの若鳥のようです。

Hayabusa201802099302

Hayabusa201802099303

オオタカの退散を確認して

Hayabusa201802099306

戻って来ましたが、縄張りに侵入して来たオオタカの若を追い払ったシーンでした。

餌となるドバトムクドリスズメ等の多い街道筋ですので、今後が期待出来そうです。

(撮影日:2018.02.09)

|

« その後のトモエガモ | トップページ | ハヤブサの飛翔姿 »

ハヤブサ」カテゴリの記事

オオタカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛禽街道の隼と大鷹:

« その後のトモエガモ | トップページ | ハヤブサの飛翔姿 »