« ハンノキに遣って来たヒガラ | トップページ | 雪の林道脇に出たカヤクグリ »

2018年1月31日 (水)

ヌルデの実を食べるルリビタキ

今日の野鳥はルリビタキです。

雪の残る林道脇に、未だたわわに実を残すヌルデの木がありました。

その実を求めて、ルリビタキ♂が10分間隔で遣って来て、

Ruribitakai201801276995s

ショータイムを繰り広げてくれました。

ヌルデの実は、塩辛く、別名シオノキとも呼ばれるそうです。 野鳥に味覚が有るのかどうかは知りませんが、シロハラメジロ等も啄ばみに遣って来ます。

Ruribitakai201801276665

Ruribitakai201801276666

Ruribitakai201801276672

美味しそうに啄ばみます。

Ruribitakai201801276700

Ruribitakai201801276975

Ruribitakai201801276978

ホバリングを狙って頑張りましたが駄目でした。

Ruribitakai201801277002

聞くところによると、他の木の実が食べ尽くされて少なくなってから、ヌルデの実に遣って来るのだとか。 じゃあ!野鳥は味が分かるのかな??


(撮影日:2018.01.27)

|

« ハンノキに遣って来たヒガラ | トップページ | 雪の林道脇に出たカヤクグリ »

ルリビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヌルデの実を食べるルリビタキ:

« ハンノキに遣って来たヒガラ | トップページ | 雪の林道脇に出たカヤクグリ »