« 安濃川河口のミヤコドリ | トップページ | 安濃川河口のウミアイサ »

2018年1月22日 (月)

安濃川河口のホシハジロ

今日の安濃川河口の野鳥はホシハジロです。

堤防に立っていると、沖合いからホシハジロが帰って来て、河口の淡水域で憩う群の中に入って行きます。

Hoshihajiro201801185212

時には目の前を横切ります。

Hoshihajiro201801185325

百羽ほどの群ですが、何故か雄鳥ばかりが目立ちます。 まだ番形成の途中でしょうか?

Hoshihajiro201801185329

Hoshihajiro201801185332

いつもの羽ばたきはこの程度にして、飛び物を、

Hoshihajiro201801185763

Hoshihajiro201801185764

これは雌鳥の飛翔姿です。

中には、既に番形成の整った雌雄も居て、以下はその着水シーンですが、

Hoshihajiro201801185783

Hoshihajiro201801185784

Hoshihajiro201801185785

Hoshihajiro201801185786

沖合いで番の絆を確認しての帰還だったのでしょうね。

(撮影日:2018.01.18)

|

« 安濃川河口のミヤコドリ | トップページ | 安濃川河口のウミアイサ »

ホシハジロ」カテゴリの記事

コメント

ほとんどが逆光になる東京湾奥の三番瀬などでは
目が出ないミヤコドリになりますが地図を見ると
東西方向の河口ですから手前側に干潟があれば
理想的な環境ですね!

投稿: 空禅一如 | 2018年1月23日 (火) 00時12分

空禅一如さん
安濃川河口の干潟は左岸に砂州の様に広がります。
南側に当たる堤防の撮影位置からは少し遠くなりますが、群の飛翔写真を撮るには理想的な場所です。
そして、ミヤコドリは河口から4、500m上流の川岸で採餌をしますので、これまた理想的な環境といった所です。
南に下った所にある雲出川河口もコクガンのポイントですが、此処は少し広くて距離もあります。
三重の伊勢湾岸は良い所ですよ。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2018年1月23日 (火) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安濃川河口のホシハジロ:

« 安濃川河口のミヤコドリ | トップページ | 安濃川河口のウミアイサ »