« 野鳥の森の冬鳥 | トップページ | 繁殖羽になった山の池のトモエガモ »

2017年12月30日 (土)

山中湖のコブハクチョウの雛は

今日の野鳥は、移入種のコブハクチョウです。

富士五湖の野鳥の森公園からの帰り、山中湖に寄りました。

同行の鳥友Sさんによると、コブハクチョウの幼鳥が1羽居るそうで、その幼鳥は、我々がこの春撮影した孵化後4日目のあの小さな雛ではないかとのことでした。

Kobuhakutyou201712203836

北側の湖岸に行くと、居ました。 数羽の成鳥の中に灰色の体色をした1羽の幼鳥の姿がありました。

Kobuhakutyou201712203714

Kobuhakutyou201712203737_2

湖を見渡しても幼鳥はこの1羽だけ。今年はたった1羽が孵ったと聞いていたので間違いないでしょう。

確か孵化が5月4日とお聞きしたので、孵化後7ヶ月半の姿です。大きさは成鳥と同大です。

「よくここまで無事に大きくなったものだ。」と心優しいSさん、感心すること引切り無し。

下は、今年5月の親鳥に寄り添う雛の姿です。

Kobuhakutyou201705083970

(撮影日:2017.05.08)

屋根付の浮き巣でも湖面に作ってやれば繁殖率も上がるのではないでしょうかね。

移入種でもコブハクチョウは既に日本の野鳥。 富士山をバックに飛翔する群の姿を見たいものです。

スワンボートの様に翼を上げた成鳥の姿を下に載せます。

Kobuhakutyou201712203765

Kobuhakutyou201712203774

Kobuhakutyou201712203785

Kobuhakutyou201712203796

下は、1羽で潜水を繰り返していたホオジロガモの雌鳥です。

Hoojirogamo201712203830

(撮影日:2017.12.20)

|

« 野鳥の森の冬鳥 | トップページ | 繁殖羽になった山の池のトモエガモ »

コブハクチョウ」カテゴリの記事

コメント

瑞鳥庵さん、今年はお会いできよい年となりました。
またどこかでお会いできましたら宜しくお願いします。
山中湖は、毎月のように訪れる場所です。
何よりも大好きな富士山が見れますし。

来年も良い年となりますようお祈りいたします。

投稿: ynoguchi | 2017年12月31日 (日) 08時40分

ynoguchiさん
コメントありがとうございます。
こちらこそお会い出来て良い年になりました。

どんな野鳥を撮られても素晴らしい写真になる貴兄の撮影スタイルに毎回感心させられています。
来年も「ブログ鳥達との出会い」を楽しみに、素晴らしい野鳥写真の数々を期待しております。

来年も宜しくお願いいたします。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2017年12月31日 (日) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/66194789

この記事へのトラックバック一覧です: 山中湖のコブハクチョウの雛は:

« 野鳥の森の冬鳥 | トップページ | 繁殖羽になった山の池のトモエガモ »