« 公園の水路に居たアオアシシギ | トップページ | 池に居たのはカイツブリの大群 »

2017年11月30日 (木)

晩秋の木の実とジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキです。

県南の公園はまだ野鳥種も少なく、豊富な植栽であるセンダンの木の実も色付いてはいるものの熟れてはいないようでした。

居たのはヒヨドリジョウビタキ

木の実を食べに遣って来るジョウビタキの姿を追ってみました。

Jyoubitaki201711282209

これはハゼノキの実を食べに遣って来たジョウビタキの雄鳥。 蝋燭の原材料に使ったハゼノキの実は栄養価が高いらしく、

Jyoubitaki20171128z2203

何度も遣って来ていましたが、どうしてこんな無理な体勢で採取するのか不思議でした。

Jyoubitaki201711282217_2

これはセンダンの木に止まったジョウビタキ♂。

実がたわわに生った枝先には止ってくれず、良いショットは撮れませんでした。 センダンの実はジョウビタキには大き過ぎますね。

**********************************************************************

本日、「フィールド図鑑 日本の野鳥 」(文一総合出版 初版第1刷発行 2017年12月7日)を手にした。

BIRDER誌の「Field Report」の作者、水谷高英氏と、時々フィールドでお会いする叶内拓哉氏の解説によるイラスト野鳥図鑑だが、手に取って見て大満足。

北米の野鳥図鑑を含め、多々所有するイラスト版の中ではこれが最高! どう最高かはお手を取って実感下さい。

お蔭で、今日は昼間半日潰れました。

|

« 公園の水路に居たアオアシシギ | トップページ | 池に居たのはカイツブリの大群 »

ジョウビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の木の実とジョウビタキ:

« 公園の水路に居たアオアシシギ | トップページ | 池に居たのはカイツブリの大群 »