« 小笠原の鳥(オガサワラノスリ) | トップページ | 小笠原の鳥(アカガシラカラスバト) »

2017年10月 8日 (日)

小笠原の鳥(カツオドリ) ④

今日は、父島と母島を結ぶははじま丸から撮ったカツオドリの採餌シーンです。

父島を出て直ぐ、数羽のカツオドリが船を追って来ます。

デッキの乗降口の側に陣取り、低位置での撮影でしたが、船に追われて逃げるトビウオを目掛けて、船首に近い十数m斜め先にダイビングを繰り返します。見えない真上からいきなり海面に突っ込むカツオドリはどうにも捉えることが出来ません。

Katsuodori201709115879

Katsuodori201709115883

トビウオを咥えて浮上し、船側を流れて行くカツオドリを至近で撮影するのが関の山でした。

それにしても餌の豊富な小笠原の海です。

トビウオのなぶらに遭遇すると、

Katsuodori201709093525

こんな光景も。 4、5羽が一斉に突っ込み固まって浮上して来ます。

下は、海面でトビウオを追い掛けるカツオドリです。

Katsuodori201709127111

Katsuodori201709127112

アカアシカツオドリの様にスマートではなく、逃げられてしまいました。

ははじま丸は、父島を出て約2時間で母島の沖港に入港します。

Hahajimamaru201709126880

(これは翌日の入港時の写真です。)

さあ、待望の母島に上陸です。 メグロは? アカガシラカラスバトは?と胸が躍ります。

下は、その翌日に沖港内で撮ったカツオドリのダイビングシーンです。

Katsuodori201709126925

**********************************************************************

小笠原の海鳥を終えるにあたり、余談です。

鳥観を楽しくさせてくれた犠牲者のトビウオですが、日本近海には29種類ものトビウオが居て、三宅島では、幾つかの種を一括して、春先に出るのをハルトビ、夏に見られるのをナツトビと呼んでいるそうです。

次は、カツオドリの英名(Brown Booby)の由来: スペイン語のBobo(まぬけ、最下位)がBooby となったそうで、警戒心が弱く、陸上で早く動けなかったことから付いた名前だとか。アホウドリの和名の由来に似ていますね。ゴルフ用語の ブービー賞(Booby prize)もここから来たそうで、欧米では最下位賞。日本では、商品の良いブービー賞を故意に狙うこすい輩がいたために、下から2番目をブービー賞とし、どん尻をブービーメーカーとしたそうですね。 受け売りです。

**********************************************************************

明日から14日まで、秋の舳倉島に遠征して来ます。 留守中も予約投稿で小笠原・母島の野鳥を掲載致します。

|

« 小笠原の鳥(オガサワラノスリ) | トップページ | 小笠原の鳥(アカガシラカラスバト) »

カツオドリ」カテゴリの記事

小笠原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原の鳥(カツオドリ) ④:

« 小笠原の鳥(オガサワラノスリ) | トップページ | 小笠原の鳥(アカガシラカラスバト) »