« 蓮池の上空を飛んだオオタカの幼鳥 | トップページ | 小笠原の鳥(シロハラミズナギドリ) »

2017年9月17日 (日)

小笠原の鳥(オオミズナギドリ)

ツアー会社の主宰する『鳥の観察会 「小笠原 硫黄島3島クルーズとメグロの島・母島(2017・9・8~13)」に参加して来ました。

船が苦手で避けて来たツアーでしたが、鳥友から聞く話では、そう簡単には行けないツアーだとか。

せめて待望のメグロだけでもと、試しに応募すると、案の定、催行人員数45名のところ満席でキャンセル待ち。諦めていたところに、空きが出たとの朗報を貰い、今回の参加となりました。

竹芝のターミナルに着いてみると、ツアー客以外も含め、当ブログにリンクを貼らせて頂いている鳥友さんが3名。舳倉島で良く顔合わせをする方々が4、5名。下甑島のツアーでご一緒した関西方面からのお方達が4、5名と、岡山の知人。それに、波崎、三番瀬等でよくお会いするFさん等々。錚錚たるメンバーでした。

成果から申し上げますと、ライファーは11種。亜種も含めると、初見初撮りは16種を数えました。もちろん、証拠写真も山ほどあります。coldsweats01 

今日から、「小笠原の鳥種名)」のタイトルで、小笠原航路、小笠原群島(父島、母島、南島)、それに、硫黄島3島(南硫黄島、硫黄島、北硫黄島)クルーズで撮影した野鳥達を種毎に、出来れば撮影順に、アップして行きたいと思います。

今日は手始めに、東京湾を出てすぐのオオミズナギドリです。

Oomizunagidori201709082563

Oomizunagidori201709082639

近海でよく目にするオオミズナギドリです。 練習に裏表を。

船が大きいのか、遠すぎて・・・ボケてます。

Oomizunagidori201709082589s

上は、百数十羽の鳥山。

大磯沖の定置網の周りでもよく観られる光景です。

**********************************************************************

話変わって、

今回の旅は天気が良くって・・・、それに、鳥撮りの旅は朝から晩までお天道様とのお付き合いです。

お蔭様で、随分と日に焼けました。

皮膚科で貰った試供品のUV乳液を朝の洗面後に塗りたくったのですが、亜熱帯の太陽は容赦がありません。

目下、膨大な数の写真を整理しながら、鏡とにらめっこ。 顔中の黒皮をアルコール綿で拭きながら頬を膨らませると、数本の皺の線が白く浮かび上がり、思わず噴き出してしまいました。

いやー! 兎に角、小笠原は暑かった!

|

« 蓮池の上空を飛んだオオタカの幼鳥 | トップページ | 小笠原の鳥(シロハラミズナギドリ) »

オオミズナギドリ」カテゴリの記事

小笠原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/65801944

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原の鳥(オオミズナギドリ):

« 蓮池の上空を飛んだオオタカの幼鳥 | トップページ | 小笠原の鳥(シロハラミズナギドリ) »