« 丹頂の給餌を狙うチュウダイサギ | トップページ | 宇連川に居たカワアイサ »

2017年8月14日 (月)

暑中お見舞い申し上げます!

暑中お見舞い申し上げます。

Mangaebutamatsuri2017

いつもアクセスして下さる皆様へ

ここのところブログに大穴を空けていますが、その原因の一つである郷里岡山の田舎町の夏の恒例行事である「マンガ絵ぶたまつり」が先日開催されました。

今年、我「夢一夜絵ぶた会」は、ディズニーの「ファインディング・ドリー」で望みまして、上の作品に仕上げました。

残念ながら、大賞には輝きませんでしたが、御覧の様に、「絵ぶたは楽しく美しく!」のコンセプトのもと、それなりに評価して頂ける?素晴らしい?作品に仕上げることが出来たと思っています。

マンガ絵ぶたまつり 2017」の模様と、我「夢一夜絵ぶた会」の絵ぶた制作の過程は、後日、このブログを通じましてご披露させて頂く予定です。

災害多発、猛暑の夏でしたが、皆様のご無事を祈念致しつつ、暑中お見舞い申し上げます。

2017年 盛夏

         瑞鳥庵の住人

|

« 丹頂の給餌を狙うチュウダイサギ | トップページ | 宇連川に居たカワアイサ »

Greetings」カテゴリの記事

コメント

毎年”スゴイナ~”と拝見しておりますが素朴な質問です。
製作は4体とも一人で作ったんでしょうか?
ディズニーのキャラは判りませんが竹の骨組みに和紙を
張ったとして最初はスケッチから拡大?それともパソコン
CADから? 顔の部分の骨組みが相当難しそうですね~。
いずれにせよ相当な作業量でしょうからお疲れ様でした。

投稿: 空禅一如 | 2017年8月17日 (木) 10時11分

空禅一如様

ご無沙汰しております。
絵ぶたへの質問にお答えしますが、
制作について、後ろの壁と背後に突き出したジンベイザメは、絵ぶた名人(?)と言われる幼友達で同級生の責任者との共作で、正面左の7本足のタコのハンクと右手のシロイルカのベイリーは私の作品。中央の主役のドリーとニモは制作暦20数年の名人の作品です。
ディズニーの宣伝サイトからのハードコピーや、絵本を参考に直に針金での制作に取り掛かりますが、さすがに、タコのハンクだけはイメージが沸かず、制作経験3年目の私は、油粘土で模型を作って臨みました。
絵ぶたまつりと絵ぶた制作の模様は後日当ブログに掲載の予定ですので見てやって下さい。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2017年8月17日 (木) 21時41分

一如さんも久し振りです❗瑞鳥庵の主さん初めて絵ブタを見たですが、これを二人で作ったとは、凄いですね。骨組みを見せると難しさが増しますね。紙はり絵付け御苦労様でした❗ねぶた祭りのように何ヵ月は展示をするんですか❓参考までに、さて私のような携帯でみる者は、黄色い字は見えません❗PC 版にして見ています。

投稿: hiroyuki | 2017年8月19日 (土) 22時53分

hiroyukiさん
お久し振りです。ご無沙汰しておりましたが、昨日、神奈川に帰宅致しました。
絵ぶた、お褒め頂いて恐縮です。
絵ぶた制作の過程は、後ほど当ブログでご紹介いたしますが、針金→照明取付→紙貼り→書割り→絵付け→蠟引き等と数過程あります。この内の「紙貼り」は、プロ級の腕を持つ(往年の美女である)近所の奥さん4名が主体となってやっていただけます。今回、シロイルカだけは私が貼りましたが。
上位3作品は1年間、絵ぶた会館で保管展示されますが、他は返却され、台座、照明器具等は取外されて来年の作品に転用されるのが普通です。
一夜だけの楽しみなのです。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2017年8月22日 (火) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/65663526

この記事へのトラックバック一覧です: 暑中お見舞い申し上げます!:

« 丹頂の給餌を狙うチュウダイサギ | トップページ | 宇連川に居たカワアイサ »