« 大洞の泉のミソサザイ | トップページ | 木更津のアボセット »

2017年5月24日 (水)

山中湖のコブハクチョウ

今日の野鳥は、外来種(移入種、飼育鳥)のコブハクチョウです。

大洞の泉からの帰り、コブハクチョウの様子を観に、山中湖畔を回って見ました。コブハクチョウが放鳥されている沼池での、子連れのコブハクチョウの情報があったからです。

Kobuhakutyou201705083930

湖を探しますが、子連れの姿は見当たりません。探していると・・・、一羽のコブハクチョウに重なるように小さな雛の姿がありました。たった、1羽でした。

Kobuhakutyou201705083909

親にぴったりと寄り添って、

Kobuhakutyou201705083944

片時も側を離れようとはしませんが、

Kobuhakutyou201705083949

Kobuhakutyou201705083990

Kobuhakutyou201705083994

時に大波が打ち寄せて、

Kobuhakutyou201705083995

小さな雛を翻弄します。

本日の遊泳訓練はこれでお終い?

Kobuhakutyou201705084021

Kobuhakutyou201705084028

Kobuhakutyou201705084030

聞くと、この小さな雛は孵化してまだ4日目だとか。

金網で囲われた巣には抱卵を放棄された卵が1つ残されていましたが、多分、無精卵でしょう。

卵が幾つ産み落とされたか知りませんが、近所の世話をする方の話では、山が近くてタヌキなどが雛を狙って捕食してしまうとのこと。自然は厳しいですね。

岸に営巣場所を設営せずに、浮き巣でも作ってやれば?と思いましたが・・・。

この一羽の雛の運命は如何に?

(撮影日:2017.05.08)

舳倉島の野鳥は、目下、鋭意、画像整理中です。今少しお待ち下さい。

|

« 大洞の泉のミソサザイ | トップページ | 木更津のアボセット »

コブハクチョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山中湖のコブハクチョウ:

« 大洞の泉のミソサザイ | トップページ | 木更津のアボセット »