« 葦原のベニマシコ | トップページ | 県央の沈殿池のオシドリ »

2017年3月 9日 (木)

恒例となったヨシガモ撮影

今日の野鳥はヨシガモです。

毎年、春先の恒例となった、県央の大きな沈殿池でのヨシガモ撮影ですが、風が無く、青空が映る小春日和の日が撮影の必須条件です。

Yashigamo201702265553

青い鏡の様な水面を泳ぐヨシガモの雄鳥。 いつ見ても綺麗な鴨です。 今年も、雄鳥だけでも12羽が居ました。

Yashigamo201702265488

これは池の中の構造物の前に来たところで、青空は映っていません。

Yashigamo201702265450

既に番形成が終わっていて、8番を数えました。

Yashigamo201702265481

番の雄鳥と、

Yashigamo201702265474

雌鳥ですが、雌鳥の肩羽の模様もシックで綺麗です。

フェンス下の近場で無心に採餌する1羽の雄鳥が居て、

Yashigamo201702265264

Yashigamo201702265430_2

Yashigamo201702265559

ご自慢のナポレオンハットの全容を見せてくれました。

下は、休息場所のオイルフェンスの上に飛び上がるヨシガモ♂です。

Yashigamo201702265342

Yashigamo201702265344

(撮影日:2017.02.26)

|

« 葦原のベニマシコ | トップページ | 県央の沈殿池のオシドリ »

ヨシガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒例となったヨシガモ撮影:

« 葦原のベニマシコ | トップページ | 県央の沈殿池のオシドリ »