« 河鵜、鱸を鵜呑みにするの巻 | トップページ | 街中の公園に来たオオカワラヒワ »

2017年1月13日 (金)

動きの速いチフチャフ

今日の野鳥は、在庫の中からチフチャフです。

昨年暮れに赴いた渡良瀬遊水地谷中湖のチフチャフは、その後も、風の無い日には出ずっぱりで、多くの野鳥ファンを楽しませていると聞いていましたが、どうも最近抜けたとか。?

日本道路公団はじめ周辺のコンビニとか、さぞかし経済効果を上げてくれたのではと、この小さな珍鳥チフチャフに感心する次第ですが、しかし、高速道路料金は高いですね。

ま、それはさて置き、

今日は、昨年末に撮った残りのチフチャフの写真を掲載致します。

Tyifutyafu645920161231

Tyifutyafu646020161231

Tyifutyafu671220161231

飛びものですが、偶々撮れたと言って良いでしょう。

速い!兎に角、動きが速く、デジカメの連写性能をフルに生かして連写し、後からモニターで確認して飛びもの(「離れもの」と言った方が当たっている?)を残すというテクニック?を採りました。

Tyifutyafu634920161231

Tyifutyafu644020161231

Tyifutyafu665520161231

Tyifutyafu678320161231

せせこましいチフチャフの動きが表現出来ていますかな?

Tyifutyafu687120161231

ところでチフチャフの名前ですが、鳴声から付けられたことは周知のことですが、漢字名が無い。

カッコウは「郭公」、ジュウイチは「十一」と、同じ様に鳴声から命名された他の野鳥には、当て字ですが、漢字名が付けられています。何方か、このチフチャフの漢字名を考えてみたら如何ですか?

値付茶布」とか。

(撮影日:2016.12.31)

|

« 河鵜、鱸を鵜呑みにするの巻 | トップページ | 街中の公園に来たオオカワラヒワ »

チフチャフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動きの速いチフチャフ:

« 河鵜、鱸を鵜呑みにするの巻 | トップページ | 街中の公園に来たオオカワラヒワ »