« すっかり繁殖羽に変わったマガモ | トップページ | オオタカ若の採餌 »

2016年11月21日 (月)

九州諫早湾干拓地への遠征

久し振りのブログです。

先週の日曜日から3泊4日で九州は長崎県諫早市の干拓地に遠征して来ました。

狙いは、6年連続して渡来しているナベコウ(昨年の1月下旬に九州西側を縦断した撮影行の際に探して見付けることが出来なかった難敵)でした。

帰省している岡山の実家から距離にして片道約550km、7時間のドライブです。途中、山口のきらら浜に寄って休憩し、諫早湾干拓地(中央干拓に着いたのは午後2時を回っていました。

ナベコウ探しは地元のバーダーの方達にお尋ねするのが一番。それには、土手上で葦原を飛ぶハイイロチュウヒを狙われているカメラマンの方達をと、ハイチュウのポイントに急行しました。

Haiirotyuuhi969320161113

北部排水門の前に広がる葦原の上を飛ぶハイイロチュウヒ

当日親子連れのナベコウを観たとおっしゃる親子連れのバーダーの方にポイントを教わり、明日から虱潰しに捜しまくる目当ては付きましたが、明日(14日)は残念ながら雨模様。

68年ぶりに大接近するスーパームーンも観えそうにありません。

Isahayakantaku0008020161113

雲仙岳の東に月が顔を覗かせましたが、

Suppermoon980020161113

明日がスーパームーンです。

さて、明日からナベコウ探しが始まります。

次回からは、ナベコウ探しの中で撮影した諫早湾干拓地の野鳥達を掲載の予定です。

|

« すっかり繁殖羽に変わったマガモ | トップページ | オオタカ若の採餌 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州諫早湾干拓地への遠征:

« すっかり繁殖羽に変わったマガモ | トップページ | オオタカ若の採餌 »