« 蟹に舌を挟まれたドジな大反嘴鷸 | トップページ | メダイチドリとウラナミシジミ »

2016年10月11日 (火)

三番瀬のダイゼン

今日の野鳥はダイゼンです。

先週の船橋三番瀬には越冬組でしょうか、数羽のダイゼンが残っていました。

Daizen748520161004l

ハマシギ達とネットの上で潮の引くのを待つダイゼン

一ヶ月前の夏羽はすっかり冬羽に換羽していました。

Daizen748820161004

ここのダイゼンは足にフラッグや足環をした個体が多く、また、奥目で目に光がなかなか入らないことなどからついつい敬遠してしまいます。

Daizen761420161004l

足環の無い、綺麗な斑色をしたダイゼンで言うなら甲斐犬でしょうか?

Daizen785120161004l

干潟の窪みで休むダイゼン。これでは足環も映りません。南側に廻り込んで目に光を入れました。

干潟にはアカエイの開けた窪みが方々にあり、気を付けないと長靴を履いていても深みにはまることも。

(撮影日:2016.10.04)

**********************************************************************

ところで、三番瀬。 「さんばんぜ」(「」→「」)と呼ぶそうですね。 下はトイレに張ってあった掲示ですが、右下に「Sanbanze」の表記がありました。

Funabashisanbanze804820161004

この掲示、日本語、英語に、中国語の表記ですが、春秋の潮干狩りのオフシーズンには近隣の人たちに混じり、在日の中国人の方達がアサリアオサを漁る光景をよく目にします。

上の中国語ですが、この掲示に限らず「」の字がよく使われていますよね。

」って?と思って検索したら、下のHPが見付かりました。「~の(もの)」と訳せば良いんですって。

中国語の「的」ってなんダ?  スピード翻訳 by GMO 

|

« 蟹に舌を挟まれたドジな大反嘴鷸 | トップページ | メダイチドリとウラナミシジミ »

ダイゼン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三番瀬のダイゼン:

« 蟹に舌を挟まれたドジな大反嘴鷸 | トップページ | メダイチドリとウラナミシジミ »