« 三番瀬のキリアイ | トップページ | 群飛するミユビシギ »

2016年9月12日 (月)

休耕田に遣って来たサルハマシギ

今日の野鳥はサルハマシギです。

シギチの秋の渡りのシーズン。茨城にサルハマシギの若鳥が入ったとの情報があり、鳥友Sさんと詳細を確認した上で行ってみようかと話していた矢先、なんとそのSさんから、近くの休耕田に夏羽から冬羽に移行中のサルハマシギが入ったとの情報を貰いました。

当日は、マニラの米国大使館からの米国年金申請に関する電話面接が予定された日でしたが、指定した携帯と申請資料片手に、休耕田に急行しました。  (分かります?駄洒落の大先輩KYさん顔負けの駄洒落! 休耕⇔急行。

出掛けてすぐさま大使館から電話があり、途中のコンビニの駐車場に停車して電話面接に対応、20分ほどで事なきを得て現場に到着。でも、連絡を貰ってからは1時間以上が経っていました。

Saruhamashigi369620160910l

Saruhamashigi405320160910l

居ました。胸に夏羽の残るサルハマシギの成鳥です。

Saruhamashigi432220160910l

Saruhamashigi426220160910l

水面に空が入らない低い姿勢で、バックの緑を生かします。 手持ちの利点です。

Saruhamashigi375320160910l

前から見ると、胸の赤褐色の羽色が一層艶やかに観えます。

Saruhamashigi377020160910l

偶に見せてくれる片翼を広げるストレッチ。

Saruhamashigi428720160910l

特徴の白い腰が観えました。

Saruhamashigi436720160910

しきりに採餌していたのは泥の中に生息する小さなイトミミズ赤虫のようでした。

Saruhamashigi376020160910l

そしてこれは、水面近くを飛び廻るシオカラトンボ♂とのツーショットです。

鳥友Sさんのお蔭で初撮りのサルハマシギをゲットすることが出来ました。感謝です。

(撮影日:2016.09.10)

|

« 三番瀬のキリアイ | トップページ | 群飛するミユビシギ »

サルハマシギ」カテゴリの記事

コメント

うわ~(ΘoΘ;)ホントにキレイなサルハマシギですね♪羨ましい。行きたいな、と思いましたが、なんと足を運動会の練習中に怪我しまして(^_^;)
家で休んでいて、ダメなんです。秋のわたりは間に合わなさそうです。テストもあって。
家の近くにはタマシギやらチュウジシギやらが出たみたいなんですが、みんな知らないのでけいかいしんがなくて取り放題とか。もう抜けたかな(>_<)

投稿: ピッさん | 2016年9月12日 (月) 11時18分

ピッさん
足の怪我は大丈夫ですか?出歩かなくてテストを頑張れということかな?
サルハマシギは翌日朝まで居てもう抜けてしまったようです。完全夏羽ではないけれど綺麗でしたよ。
チュウジシギ? 羨ましい環境ですね。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2016年9月12日 (月) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休耕田に遣って来たサルハマシギ:

« 三番瀬のキリアイ | トップページ | 群飛するミユビシギ »