« 稲田の群雀 | トップページ | 波と戦うアオバト »

2016年9月30日 (金)

碧い海原を飛ぶアオバトの群

今日の野鳥は今月上旬に撮影したアオバトです。

冒頭から少し余談を、

シギチの渡りのシーズンになると必ず訪れるのが三番瀬です。行くと必ず10種以上の野鳥が出迎えてくれて、それまで大穴を空けていたブログの格好のネタを提供してくれます。

つまり、三番瀬の1日の成果で、10日分ほどのブログ記事を書くことが出来るという、「一年を二十日で暮らす・・・・・」並みの上手い話なんです。

しかし、良いことばかりではありません。その間に、今回の休耕田のシギチの様に思わぬ成果が上がったり、珍鳥や他に良いシーン等が撮れると、予約投稿の日にちをどんどん後ろにずらす必要が出て来て、記事もタイムリーではなくなってしまいます。

前置きが長くなりましたが、ま、そう云う訳で、今日は、今月上旬に撮影し、予約投稿の日にちを随分とずらしてきた大磯照ヶ崎のアオバトです。

(写真は全てクリックで大きなサイズでご覧いただけます。)

Aobato232220160906l

この時期、今年は100~200羽の群が観えると聞いて、まだ台風の名残の小さな波浪のある照ヶ崎に出掛けてみました。

大磯エリアは天気も良く、海はそれこそ青黒く輝く紺碧の海でした。

Aobato232820160906l

満潮後約2時間。顔を出し掛けた岩礁めがけて飛ぶアオバトの群。後ろは箱根板橋か根府川あたりの山並みです。

Aobato229920160906l

Aobato230220160906l

200羽もの大群には会えませんでしたが、40~100羽ほどの群れは、

Aobato230720160906l

Aobato231020160906l

Aobato231220160906l

引っ切り無しに遣って来て、目の前を通過します。

Aobato242820160906l

Aobato242920160906l

腹打ちが多いのですが、手持ちのズームが効果を発揮します。

Aobato240420160906l

100羽ほどの群と、

Aobato239120160906l

Aobato239520160906l

海水を飲んで帰還するアオバトの群。

(撮影日:2016.09.06)

明日は、波と戦うアオバトの姿を掲載いたしましょう。

|

« 稲田の群雀 | トップページ | 波と戦うアオバト »

アオバト」カテゴリの記事

コメント

諫早干拓でお世話になりました。北九州ナンバーの者です。
あれから探すこと30分ぐらいでナベコウ見つかりました。
良い写真は撮れませんでしたが。(笑)
おかげさまで楽しい時を過ごす事ができました。
ブログ拝見しました。
すごい写真を撮られているので感心しました。
また九州に来られた時偶然に会えたら楽しいでしょうね。
では体に気をつけて良い写真を撮って下さい。
私も負けない様に少し頑張ります。(笑)
ではこのへんで失礼します。
             太田

投稿: | 2016年11月17日 (木) 21時57分

太田様
こちらこそ、諫早干拓では大変お世話になりました。
ナベコウ探せて良かったですね。
ブログへのご訪問ありがとうございます。稚拙なブログですが、今後とも宜しくお願い致します。
目下、諫早の写真を整理中です。
諫早は良い所ですね。次は1週間を目安に計画したく思っております。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2016年11月17日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 碧い海原を飛ぶアオバトの群:

« 稲田の群雀 | トップページ | 波と戦うアオバト »