« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑩

新米警官「ジュディ」の頭部の「紙貼り」が完成し、中央部のサブ台座に「ニック」と一緒に設置されました。

Ebuta841620160728

これから、二つの細身のキャラクターの胴体部の「針金」が始まります。

Ebuta845120160801

やはりキツネの「ニック」には大きな尻尾も必要です。

名人Y君の「針金」ワークをご覧にいれましょう。

Ebuta846020160801

曲線が見事です。

Ebuta846220160801

こんな細かい「針金」は見たことがありません。「紙貼り」も大変でしょうね。

Ebuta854420160807

8月も7日の日曜日。 「マンガ絵ぶたまつり」まであと一週間を切りました。 左のY君も大分お疲れの様子です。

Ebuta859820160809

最後となった「ジュディとニック」の「紙貼り」の完成です。 このまま出しても良いほどの美しい出来栄えに感心しました。 「紙貼り」のお姉さん達、お疲れ様でした。

Ebuta861520160810

書割り」が始まった「ジュディとニック」を既に出来上がっている台座に載せて当たりを確認しました。ほど良く隙間が開いていて、これなら本番で背景の「ボゴ」が見え隠れするでしょう。

Ebuta887120160813

そして終に、「ジュディとニック」の完成です。 時はお祭当日の朝。 朝方1時に「蝋引き」が終わったそうでしたが、いやあー美しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑨

今日は、Y君の手になる「ジュディ」の頭部の制作過程をご紹介致します。

Ebutazootopia8466201607xx

さすがメインキャラで、資料は山ほどありましたが、名人Y君にとっても難題であることに変わりはありません。

Ebuta764620160713

着手して

Ebuta834820160721

Ebuta834920160721

Ebuta835920160722

10日で「針金」が完成しました。 さすが名人。 繊細で美しい労作です。

Ebuta838220160725

直ぐに「紙貼り」が始まり、

Ebuta839520160727

Ebuta839620160727

なんとも凄い。その後2日で完成です。

Ebuta839720160727

Ebuta839820160727

芸術品に仕上がりました。

次は「合体」。ではなくてcoldsweats01、相棒の「ニック」の横に設けた支持に乗っけて胴体部分の「針金」に入って行きます。 ここでもY君の腕の見せ所です。

明日に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑧

さて今日からはメインキャラクター「ジュディとニック」の登場です。

ディズニー映画「ズートピア」は、ウサギの新米警官「ジュディ」が、こともあろうにキツネの詐欺師「ニック」の助けを借りて事件を解決して行く物語です。

我々の絵ぶた「ズートピア」では、台座の正面中央にその可愛らしい姿を配する計画です。そして、その制作者は、絵ぶた名人と謳われるY君で無ければならないことは必然でした。

さて、どんな素晴らしい「ジュディとニック」が出来上がるやら。

先ずは、Y君が先に手掛けた「ニック」からです。

Ebutazootopia8467201607xx

しっかりした資料を入手しようと、映画のパンフレットとディズニーの「ズートピア」制作本を買って来ました。

この「ニック」、絵ぶたにするには難しい対象には間違いありません。

Ebuta760220160708

最初に頭から作って、胴体用の支持に取り付け、後から胴体部の「針金」に入る計画です。 

Ebuta760820160709

番手の大きい細めの針金で、綺麗な曲線が作られて行きます。

Ebuta761520160711

顔の前面を照明するのは30wのサークル蛍光管です。

Ebuta762920160712

両耳の下にはLEDランプが入りました。 「針金」の完成です。

Ebuta764020160713

紙貼り」の途中ですが、 映画「スターウォーズ」に出て来る兵士のヘルメットに似て来ました。

Ebuta765020160714

Ebuta764920160714

紙貼り」の途中と

Ebuta784120160715

Ebuta784220160715

完成品です。美しい「ニック」の頭が出来上がりました。

Y君の卓越した「針金」技術も賞賛されるべきでしょうが、女性陣の「紙貼り」技術も大したものです。

Ebuta840020160727

貼り上がった頭がサブ台座に立ち上げた胴体部の支持の上に取り付けられ、「ニック」の細身の胴体の「針金」が進んでいる状態です。

この後、「ジュディ」の頭が出来て、「ニック」の向かって右側に取り付けられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑦

今日は、絵ぶた「ズートピア」の背景となる衝立部分の制作過程を掲載致しましょう。

以前の「絵ぶた」には背景となる衝立状のものは無かったのですが、近年増えて来て、今回は半数以上の「絵ぶた」に設置されていました。

3.5m X 4m の小さな「絵ぶた」を大きく見せる効果だけでなく、キャラクターだけでは表現しにくいマンガ(物語)のストーリや、それこそ背景を表現して、最大限の効果を狙う目的や、テーマ名、制作団体名等も記載出来るメリットもあります。

我々の絵ぶた「ズートピア」も今回この効果を狙いました。

背景には、当初、動物王国「ズートピア」の都市風景であるビル街を作る予定でした。

Ebuta756820160630

横幅4m、奥行き0.8m、高さは、最上部で、酒用のコンテナーを外して下に移動用の小さなキャスターを着けた状態で、天井の梁から約1cm下と決めました。 この倉庫での最大の問題点(欠点)は高さなんです。

この状態まで、Y君と二人で2日(正味半日)で遣り遂げました。

Ebuta758420160704

照明器具取付けと「針金」が終了し、プロ(と言っても、前説の「夢一夜絵ぶた会」のメンバーである若奥さん連中ですが)の貼り手の出陣要請をして、この背景から「紙貼り」がスタートしました。

ついでに余談ですが、私同様にリタイアして、帰郷して暇そうにしている幼馴染の同級生(前出)を今回から仲間に誘い入れ、彼の往年の計装技術を買って電気屋として電気器具の整備を手伝って貰いました。一度入ったら抜けられない絵ぶた会であることを彼は未だ認識しておりません。

Ebuta758820160705

紙貼り」はどんどん進み、

Ebuta762220160712

Ebuta761420160711

後工程用の足場板の穴を残して完了しました。

表の面には警察署長のバッファローの「ボゴ」を書き込み、3つの山にはビル街を書き込む予定です。

そして、裏の面には「ズートピア」のロゴを書き込む部分を中央部に張り出しました。芸は細かく行くものです。

Ebuta841220160728

ボゴ」の姿をエクセルに貼り付けて方眼を書き込みコピーして、背景に方眼を書いてもらって6Bの鉛筆で拡大しました。肩袖のワッペンは今でも見ないで書くことが出来ますよ。happy01

Ebuta848020160802

Y君が手隙の時間で「書割り」を入れてくれました。背景のビル街は二人で協議して、動物王国「ズートピア」の砂漠地帯に存在する岩山住居(カッパドキア風のビル)にすることにしました。

Ebuta844520160801

裏面の両脇には右手に歌姫「ガゼル」を、左手に物語の隠れた悪役であったヒツジの「ベルウェザー」を書き込みました。

Ebuta852320160804

我々絵ぶた会の名前は、動物王国「ズートピア」のストリート標識の中にストリート名として入れることをY君が発案してくれました。

Ebuta851920160804

ブロック字体で「書割り」を施し、

Ebuta853720160805

絵付け」の出来上がり。なかなかの出来でしょう?

バックの背景色は青空の色にしました。

セクシーな歌姫「ガゼル」の拡大で、背景色の効果をお見せしましょう。

Ebuta852220160804

途中と、

Ebuta856420160808

仕上がりです。 輪郭を「蝋引き」で枠取りしているのでメリハリが着きました。

Ebuta851820160804

Ebuta854220160807

途中ですが、「ボゴ」の「絵付け」もほぼ完成です。

そして下が、背景の完成の姿です。

Ebuta860120160810

この前のスペースにサブ台座に分けて作成した夫々のキャラクターが並びます。上手く行けば、キャラクター達の間から「ボゴ」署長の鋭い視線が見えるはずです。

Ebuta860520160810

これは裏面。シンプルで綺麗でしょう?

次回は、絵ぶた名人Y君によるメインキャラクター「ジュディとニック」の制作過程をご紹介致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑥

今日も昨日に引き続き、「ズートピア」の脇役であるチーターの「クロウハウザー」の「絵ぶた作り」の過程を記載致します。

これも先ずは資料収集から。何せ未だ映画も観ていないのですから大変です。苦労したのは横顔の絵が無いことでした。

メインキャラの「ジュディニック」を担当する責任者のY君と調整して、全体のバランスを考慮して、「クロウハウザー」の高さを2,100mmに抑えることに致しました。

あとは、サブ台座からはみ出るぐらい太っちょの胴体を作ることでした。

Ebutazootopia8394201607xx

構想をスケッチして採寸取りをしました。当初は片手を上げる予定でしたが、メインキャラの「ニック」の耳に当たることが分かり、両手は胸に着けることにしました。

Ebuta786420160718

サブ台座に本体支持の支柱を入れ、等間隔に、胴体の針金を支持する細木を十字に入れて、先ずは太っちょの胴体の外枠を作ります。

Ebuta832320160719

Ebuta835520160722

Ebuta838920160725

1週間かけてやっとここまで出来上がりましたが、未だ顔の構想が浮かんで来ない状態でした。

悩んでも仕方ない。「誰も知っている人は居ない。『何じゃァー?こりゃァー。』の世界だよ。」と言ってくれる幼友達に押されて、

Ebuta840120160727

顔の制作に取り組みました。

Ebuta840520160727

横顔です。こんなもんで良いんかしら?

Ebuta842320160728

10日掛かった「針金」が終わって「紙貼り」が始まりました。 あっッ、そうそう、紙は下から貼って行きます。

Ebuta851020160804

これは「書割り」を終えたところですが、

Ebuta851220160804

ラッシュ」同様に、似ても似つかない怪物「クロウハウザー」になってしまいました。

「こいつは色んな表情をしているんだぜ。」「どうせ見上げなので顔は見えないんじゃない?」とは、幼友達からの慰めの言葉・・・では無く、私の私自身を慰める言い訳でした。

Ebuta853920160805

横から見た「クロウハウザー」ですが、これから「絵付け」で挽回出来るか?

Ebuta854620160807

上は、「絵付け」が終わった状態です。

Ebuta858120160809

これは、前面のベルトの周辺を残し「蝋引き」が終わった状態です。「蝋引き」の照明効果がはっきりと分かります。

Ebuta858620160809

これは、上の状態で内部照明を消したところです。「蝋引き」をしたところは黒っぽく見えます。ここが色作りの難しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~⑤

絵ぶた作り」の基本をご紹介致しましたので、今日は、「ズートピア」の脇役であるナマケモノの「ラッシュ」の制作過程を記載致します。

余談ですが、その昔、JALのシカゴ直行便のバージンフライトに搭乗する機会があり、その際、就航を記念してシカゴ動物園から上野動物園に贈呈されるというナマケモノと同乗したことがありました。機内に動物臭が漂っていたことを記憶していますが、ディズニーもよくこんなキャラクターを出して来たものです。

先ずはイメージ作りからです。幸いなことに横顔のシーンもありましたが・・・。

Ebutazootopia8469201607xx

顔作りも毛並みの表現も出来る自信は毛頭無かったのですが、やるしかありませんでした。今から考えると無謀な挑戦でした。

Ebuta760420160708

針金」を終えた「ビッグドーナツ」を前に胴体の位置を決めて支柱を作り、

Ebuta761720160708

ビッグドーナツ」の台座を切り離しました。

Ebuta763820160713

6日掛かってやっとここまでたどり着きましたが、難関の顔作りが残っています。顔前面を照らす照明には、古いシーリングライトから取り外した30Wのサークル蛍光管を使用しています。

Ebuta785920160718

Ebuta786020160718

Ebuta831520160719

なんとか顔作りが出来て「紙貼り」が始まりましたが、プロの紙貼りペアーのスピードに、とうとう「針金」作業が追いまくられる状況になってしまいました。

Ebuta841020160727

紙貼り」が完了したところで、「ビッグドーナツ」のサブ台座とつき合わせて当たりを確認しました。

Ebuta847820160802

書割り」を行い、

Ebuta853220160805

書割り」の上に「蝋引き」をして「絵付け」に入ります。両手の先端の爪と眼の白目は無地の紙の上に「蝋引き」をして、光の透過強度を上げるようにしました。

Ebuta854520160807

絵付け」が終わった状態ですが、何だか似ても似つかない怪物「ラッシュ」になってしまいました。顔の「針金」はもとより、「絵付け」に失敗して暗っぽくなってしまいました。「蝋引き」でどのくらい回復できるか?

Ebuta857620160809

全体の「蝋引き」後に内部照明を点灯した状態ですが・・・・・。?

「誰もキャラを知らないし、似てるかどうかも分からないよ。そもそも『ズートピア』だって『何じゃァー?、ありゃァー!』の世界だよ。」とは、今回照明器具の整備と「紙貼り」を手伝ってくれた幼馴染の同級生からの慰めの言葉。 幼友達は良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~④

今回は約2ヵ月半の帰省でしたが、「マンガ絵ぶたまつり」も無事終了し、菜園の仮仕舞いもそこそこに終了させて、台風9号の後を追う様にして今週開けに神奈川に帰って来ました。

絵ぶた作り」をご紹介しようと意気込んではみたものの、撮り溜めた写真が膨大な数に上り、今日までその整理と処理に掛かってしまいました。

早速ですが、「絵ぶた作り(絵ぶたの作り方)」を、今回制作したキャラクターに沿ってご披露致したく、

ナマケモノの「ラッシュ」に抱かせた比較的簡単な「ビッグドーナツ」の制作から「絵ぶた作り」を説明致したいと思います。

Ebutazootopia8470201607xx

対象はこのウサギの「ジュディ」が抱える巨大なドーナツ。 基本的には円の組み合わせですので難易度は低い方です。

Ebuta758520160704

台座の正面右側に、斜め横向きに「ラッシュ」を配して、その「ラッシュ」の前面に抱きかかえるように「ビッグドーナツ」を置きます。 ドーナツの穴からは「ラッシュ」の派手なネクタイが見える構想です。

台座から区割りのサブ台座を外して来て「針金(針金ワーク)」に入りました。

Ebuta759020160705

照明取付用の木枠を支持体として外形を作って行きます。針金は線径で3~4種。番手で#10~16でしょうか。 個々にタコ糸で結束します。結び目は、「紙貼り」後の仕上がりを考えて裏面に来るように結び、余分を切ります。

Ebuta759420160706

針金」の途中で(器具の入る状態で)照明器具を取り付けます。この場合は照明色を合わせたLEDランプを取付けましたが、大物には20、40wの蛍光灯が主流です。

電灯線はSPTVコネクタで繋ぎ、サブ台座毎にコンセントプラグを取付けます。

針金」が終わると、次は「紙貼り」です。

(*作業のことを考慮し、サブ台座を更に2分割して「ラッシュ」と「ビッグドーナツ」を分け、「紙貼り」と平行して「ラッシュ」の「針金」に入りました。)

Ebuta761820160712

紙貼り」はプロ集団の女性陣の腕の見せ所。

Ebuta850120160802

針金の枠毎に型を取って木工ボンドで針金を巻くように貼り付けます。これが最終の仕上がりを美しく見せる技なんです。

Ebuta765220160715

絵ぶた作り」は殆んどが夜なべ仕事。手元を明るくするために内部照明を点灯します。(作品が増えてくると、容量不足でブレーカーが飛んで真っ暗に。今回は度々停電が発生しました。happy01

Ebuta785520160716

紙貼り」の完成です。次は、「書割り」に入ります。

Ebuta844320160801

6Bの鉛筆片手に下書きをし、その上を墨(代替で黒のマジックを使用しました。)で枠取りをし、後で「色付け」をする際ににじみが出ない様に「書割り」の線上を「蝋引き(パラフィンを溶かした液を筆で塗布)」します。

Ebuta855220160808

手前の白いブロックが蝋(パラフィン)です。ガスコンロに架けた鍋で湯気が出るまで溶かします。

火傷の危険性があり、「蝋引き」は男性の仕事です。

Ebuta850720160804

色付け」です。

Ebuta855120160808

ポスターカラーで「色付け」をしますが、使える色は白と黒を入れたこの6種類だけ。純色で表現できる絵付けであれば苦労はありませんが、この度の「ズーラシア」の様に中間色を多用したキャラクターの絵付けは色作りが難題です。

配合して水(ミネラルウォーター)で希釈し、紙に塗って見て、乾かして見て、また調合。 結局は、乾かして「蝋引き」をして、実際に夜の闇で光を通して見る色を作るのですから・・・・・もの凄く大変です。

黒を混ぜれば暗くなるし、白を混ぜても暗くなるのです。coldsweats02

Ebuta853320160805

全体を「蝋引き」した後に照明を付けた半完成品です。

最終的に撥水性のある作品とするために、全体に「蝋引き」を施します。屋外でも1年は十分にもつ耐久性を持っています。

この「ビッグドーナツ」、選に漏れたら海水浴の浮き輪にしようかな? それとも「ブリジストンタイヤ」に変えてGSの店頭に飾ろうかな?・・・・・とは冗談話。

下は、内部照明を付けない状態の完成品です。色味が違いますでしょう?

Ebuta854020160807

長くなりましたが、「絵ぶた作り」の行程を順に追って説明差し上げました。

以降は追って、各キャラクター毎に制作の模様を掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~③

久し振りのブログ投稿です。約2週間もの大穴を開けてしまい申し訳御座いません。

郷里岡山の小さな田舎町の夏祭り「マンガ絵ぶたまつり」も、先週末、無事に終わりました。

ご報告ですが、「ズートピア」は、見事、準大賞に選ばれましたよ。

先ずは下記に、我等の作品「ズートピア」をご紹介いたしましょう。

Ebuta907020160813

(クリックで少し大きな写真でご覧になれます。)

作品「ズートピア」の正面です。 主役の「ジュディニック」が正面で映えています。

バックに岩山住居を配し、中央に「ボゴ」署長を書き込みました。左に「クローハウザー」、右手に「ビッグドーナツ」を抱える「ラッシュ」を配して主役の「ジュディニック」を引き立てます。

Ebuta919020160813

そして、これは裏面。中央に「ズートピア」のタイトル名と、右手に歌姫の「ガゼル」、左手にヒツジの黒幕「ベルウェザー」を配し、我々のチーム「夢一夜絵ぶた会」の名は、ストリート名として動物王国「ズートピア」の道路標識プレートに書きました。

Ebuta918420160813

主役の「ジュディとニック」。 絵ぶた名人であるY君の力作です。

針金ワークの繊細さと、キャラクターの表情の再現は見事と言う他はありません。

Ebuta918720160813

「ビッグドーナツ」とナマケモノの「ラッシュ」の針金ワークは私の仕事ですが、出来は今一。

Ebuta918920160813

クロウハウザー」も私の担当でしたが、顔作りに苦労しました。

6月下旬から約1ヶ月半。昼夜を問わず、200時間を越える作業でしたが、Y君の指導、卓越した紙貼りの女性陣やロウびきの助っ人達の御蔭で先ず先ずの作品に仕上げることが出来ました。

今回は、これ以降、この「ズートピア」のキャラクター制作の過程を基に、「絵ぶた作り」をご紹介して行く積りです。

**********************************************************************

下は、今回大賞に選出された「スーパーマリオ」と

Ebuta895420160813

同じく準大賞に選出された「スヌーピー」です。

Ebuta901520160813

他6基の絵ぶた作品も素晴しい出来でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~②

6月の上旬。帰省して菜園作業をしていると、Y君(正確には、幼友達でGSオーナー、前絵ぶたまつり実行委員長、夢一夜絵ぶた会代表、そして、絵ぶた制作歴20年の絵ぶた名人のY.F氏)が訪ねて来て、「今年は絵ぶたを作るので宜しく」との挨拶とも依頼ともとれる、強い要請があり、訊くと、「テーマはディズニーの兎の出るやつ」とのこと。

仕方なく受けて、帰って「ディズニーの兎?」を思い出すと「白雪姫」の兎が思い出され画像を検索。 「えっつ!? こんな古いのをやるの

Y君に聞くと、最近上映中の「ズートピア」だとか。

ズートピア」・・・・・? 横浜の「ズーラシア」なら行ったことあるけど・・・・・。

早速、情報を検索。「・・・・・・・! すっごい!! 何これ! こんなのやってたの」 正直な感想でした。

メインキャラの画像をコピーして、

Ebutazootopia8380201607xx

二人で打ち合わせたのは6月中旬。 その内、本まで購入して、構想作りを開始。

3mX4m四方の台の後ろにビル街を模した壁を作り、その前面にバッファローの「ボゴ警察署長」を絵で描き込み、その前に、欲張って4体のメインキャラクターの絵ぶたを据付ける。

正面にはキツネの「詐欺師ニック」とウサギの「新米警官ジュディー」を。左手には肥満のチーターの「通信指令担当のクロウハウザー」、そして右手には、「ビッグドーナツ」を抱えたナマケモノの「自動車局受付のフラッシュ」を配することを決定。もちろん、細部は成り行きです。

決めたのは良いのですが、2週間経ってもY君からは要請が無い。スロースターターのY君であることは承知の上ですが、祭りまで1ヶ月と2週間。他のグループでは針金がほぼ終わりそうだとか・・・・・。coldsweats02

開始したのは6月の終わり。

Ebutazootopia756220160629

先ずは、台座の木枠組です。各キャラの台座を個々に3つに分けて制作し、最後に木枠にセットします。

Y君が「メインキャラのジュディーとニック」、私が「ビッグドーナツを抱いたフラッシュ」と「クロウハウザー」の針金を担当することにしましたが、実質2回目の制作とあって、Y君の指導無しでは到底適いませんが、これも挑戦、60の手習いです。

今回は、取っ付きともあって文章が多くなりましたが、製作過程は写真を多用しますのでご安心ください。

しかし、「ズーラシア」。 どう言う訳か鳥が出て来ないんですよね。

**********************************************************************

下は、一昨年に制作して準大賞に選ばれ、今はお払箱になってしまった「アンパンマン達」です。

Ebutaanpanman847620160629

Ebutaanpanman756320160629

悲しいかな、制作費用の補助も少なく、使える電装資材は再利用です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

マンガ絵ぶたまつり~今年も絵ぶた作りに参加~①

鳥撮りも、吉備中央町のブッポウソウの後が続かず、7月下旬以降の当月も、ブログに大穴を開けそうな状況下ですが、実は今年も、一昨年に続き、6月の下旬から「マンガ絵ぶたまつり」の「絵ぶた」制作に借り出されておりまして、野鳥記事ではありませんが、「絵ぶた」制作の報告で紙面を埋める予定です。ご容赦下さい。

そもそも、「マンガ絵ぶたまつり」とは何ぞや? から説明をしなければなりませんが、過去のブログ記事「マンガ絵ぶたまつり~絵ぶた作りに参加して~①」 をご参照下さい。 (カテゴリー欄下段の「絵ぶたまつり」でもご覧いただけます。)

第19回 マンガ絵ぶたまつり」には、郷土高梁(旧備中松山藩)が排出した幕末の偉人「山田方谷」のキャラクター人形と、現存する備中松山城の制作を手伝いました。

Ebuta2013houkoku8687

第20回 マンガ絵ぶたまつり」には、国民的有名キャラクターである「アンパンマン」をテーマに、絵ぶた名人のY君の指導を受けながら、「バイキンマン」と「ドキンチャン」のキャラクター人形を制作しました。

Ebuta2014anpanman

続く「第21回 マンガ絵ぶたまつり」には、制作メンバーに諸々の都合が発生して不参加。

そして今年。往年のメンバー±αで、2年振りに「絵ぶた」制作に取り組んでいます。

今年の絵ぶたの題材は、4月から上映が始まったディズニーの新作「ズートピア」。

さぁーて、大賞に輝きますかどうか。懸念点は、ディズニーの今年の新作、知名度では最悪です。「何ならありゃー」と、審査員連中の岡山弁が聞こえそうです。coldsweats02

と言うことで、次回からは、今年の絵ぶた作りの模様を掲載していくことに致します。

**********************************************************************

下は、今年の「第22回 マンガ絵ぶたまつり」のポスターです。

Ebutaposter2016

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »