« 三宅島のウチヤマセンニュウ | トップページ | 三宅島のタネコマドリ »

2016年6月 7日 (火)

三宅島のアカコッコ

今日の三宅島の野鳥は、日本の固有種であり、天然記念物のアカコッコです。

バードアイランド三宅島を代表する野鳥であり、その体色と「アカコッコ」という親しみ易い名前からも、いつかは逢いたい野鳥の一種でした。

Akakokko679720160513l_2

島ではかなりの個体数を観ましたが、最初にカメラに収めたのは「アカコッコ館」の水場。

水浴びに来たアカコッコの雄鳥です。足環をした有名?な個体も居て、足環の無い個体を狙いました。

Akakokko725120160515l_2

これは、早朝、未だ薄暗い林道に出て来たアカコッコの雄鳥です。

育雛中なのでしょうか、早朝の林道では採餌する雌雄のアカコッコの姿を良く見掛けました。 下は、体色が薄く、喉元が白黒の縦斑が観える雌鳥です。

Akakokko691120160513

Akakokko691320160513

Akakokko691520160513

Akakokko691620160513

時々立ち止まってのけ反るさまは、ツグミ属特有の仕草です。

Akakokko694320160514

木止まりの雌鳥と

Akakokko681620160513

アカコッコ館の水場で、豪快に水浴びをする雄鳥です。

**********************************************************************

三宅島の記念にと、「アカコッコ館」では、アカコッコの寄付金付きのピンバッジを買い、「瑞鳥庵」の鹿角の壁掛けに掛けた鍔広帽子に追加しました。

Pinbadge09015620160516

三宅島の土産は、最後に購入する「くさやの干物」です。

|

« 三宅島のウチヤマセンニュウ | トップページ | 三宅島のタネコマドリ »

アカコッコ」カテゴリの記事

三宅島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三宅島のアカコッコ:

« 三宅島のウチヤマセンニュウ | トップページ | 三宅島のタネコマドリ »