« 舳倉島のアマサギ | トップページ | 三宅島のウチヤマセンニュウ »

2016年6月 5日 (日)

舳倉島のブッポウソウ他

あまりパットしない今回の舳倉島の野鳥をながながと連載して来ましたが、三宅島等の後続が控えていますので、ここら辺で終了させて頂きます。

と言うことで、今日の舳倉島の野鳥は、最終弾のブッポウソウと、その他の常連さん達です。

出船に間に合うように宿から波止場まで機材を載せたリヤカーを引っ張っていると、中型の鳥の飛翔姿が見えました。

Buppousou6463z20160509

ブッポウソウです。

こんな時、首から掛けていた200-500mmのズームは速写レベルで機能を果たします。

Buppousou6465z20160509

証拠写真レベルでしたが、舳倉島でブッポウソウをゲットした瞬間でした。

下は、今回の舳倉島で出逢いシャッターを押せたその他の野鳥連です。

Atori546220160508

民宿前の電線に止まる夏羽のアトリ

Atori607120160508_2

前庭に居たアトリの雌鳥

Kawarahiwa609420160508

Bill Dan 風のバランスィングロックの上に止まるカワラヒワ。 今年も島内の彼方此方で観掛けました。

Komukudori590620160508l

そして、バランスを確かめるような様子のコムクドリ happy01

Mozu591720160508l

前庭に出て来て驚かされた只モズ

Kosamebitaki585420160508

可愛い系のコサメビタキ

Uguisu640120160509

五月蝿いぐらいに彼方此方で鳴いていたウグイス

期待した成果の出なかった今回の一泊二日の舳倉島でしたが、我々が帰った荒天の後には珍鳥が山ほど出たとか。?coldsweats02 sad angry 複雑な気持ちです。

また来年(の天気)に期待しましょう。

さて、ブッポウソウ。 近々、吉備中央町のブッポウソウの様子を見てくる予定です。

明日からは、三宅島の野鳥を暫く連載致します。

|

« 舳倉島のアマサギ | トップページ | 三宅島のウチヤマセンニュウ »

ブッポウソウ」カテゴリの記事

舳倉島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/63699231

この記事へのトラックバック一覧です: 舳倉島のブッポウソウ他:

« 舳倉島のアマサギ | トップページ | 三宅島のウチヤマセンニュウ »