« イソヒヨドリの羽繕い | トップページ | 八東近況(赤色型コノハズク) »

2016年6月27日 (月)

八東近況(オオコノハズク)

今日の野鳥はオオコノハズクです。

21日~23日の予定で、神奈川の鳥友二人を招いて、鳥取は「八東ふる里の森」に遠征して来ました。

お目当ては、巣立ち間際のオオコノハズクと、営巣中の赤色型コノハズクアカショウビンです。

今年は3組のオオコノハズクの番が営巣し、その内の2番の巣からは既に雛が巣立って、最後の番の雛の巣立ちも間も無くとのこと。 夜7時から深夜12時までの巣箱のライトアップでその巣立ちのシーンを狙います。

ライトアップには撮影の条件出しが必須ですが、調整途中に・・・・・

Ookonohazuku069520160621 Ookonohazuku069620160621 Ookonohazuku069720160621 Ookonohazuku069820160621

いきなり、親鳥が餌を運んで来て・・・・・、こんなピンボケの餌渡しシーンしか撮れませんでした。

雛に渡した餌は小さなネズミの様でした。

巣立ち間際は餌遣りの回数が少なく、しきりと巣立ちを促すそうですが、

Ookonohazuku078020160621 Ookonohazuku081520160621 Ookonohazuku083220160621

雛は巣箱から顔を覗かせるばかりで、一向に巣立つ気配はありませんでした。

この後も、親鳥は2度ほど来ましたが、鳥友の撮ったシーンには、雛を咥えて引っ張り出す親鳥の姿が映っていました。

次の日は午後から雨。雨の日の巣立ちは無いそうですが、親鳥の給餌シーンを雨の中で待ちました。投光器のスイッチを入れて、三脚に大き目のこうもり傘を括り付け、そして、暗闇の雨の中をただ一人・・・、

Ookonohazuku115620160622

設営して直ぐに、またもやいきなりでした。 餌遣りです。 餌は小鳥の様に見えます。

Ookonohazuku115820160622 Ookonohazuku116820160622

雨の中 撮れるは御尻 ばかりなり 八東の森の 大木葉木菟 

次の到来には2、3時間は間が空くでしょうし、雨の中の巣立ちは無いとの前情報で、寂しく、否、冷たく、撤収致しました。

(撮影日:2016.06.21&22)

|

« イソヒヨドリの羽繕い | トップページ | 八東近況(赤色型コノハズク) »

オオコノハズク」カテゴリの記事

コメント

真っ暗の中での撮影、いい写真を撮るのは難しそうですね。その分納得のいくのが撮れた時の嬉しさはひとしおでしょうね。

巣箱にオオコノハズクかぁ~♪いいですね♪(*^^*)
うちの近くにもこんなところがあれば最高だろうなぁ~( ゜o゜)

今日のブログの最後もちょっと寂しい…💦

投稿: ハリスホーク | 2016年6月27日 (月) 20時52分

ハリスホーク様

コメントありがとうございます。
この度は、昼間に巣立ち間際の雛を見守る親鳥の姿を見付ける事が出来ず残念でした。

毎年オオコノハズクが、それも、営巣を撮れるのは八東だけではないでしょうか?

寂しいのは、下手な短歌ですか?

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2016年6月27日 (月) 21時24分

こんにちは。

下手な短歌なんてとんでもないです。

私が思ったのは、「次の到来には……」ってところです。(*^^*)
次に期待ですね👍

投稿: ハリスホーク | 2016年6月28日 (火) 09時34分

ハリスホーク様

ご丁寧に返信まで。ありがとうございます。
八東は来年も行きたいですね。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2016年6月28日 (火) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八東近況(オオコノハズク):

« イソヒヨドリの羽繕い | トップページ | 八東近況(赤色型コノハズク) »