« キアシシギの採餌風景 | トップページ | 立山のライチョウ (続) »

2016年5月11日 (水)

立山のライチョウ

昨日の早朝(といってもAM1:30)、無事、舳倉島から帰って来ました。

今回の遠征は、行きに立山室堂平に寄って、冬羽の残るライチョウを撮り、その後、輪島に一泊して舳倉島で3泊する予定でした。

追って、旅程の方は、出会った野鳥達をご紹介する中でご報告いたしますが、雪山の立山室堂では、繁殖期を前にしたライチョウの番を撮影することが出来ました。

と言うことで、今日の野鳥はライチョウです。

Raityou714820160505

室堂のバス停を出て最初に出会ったのは大勢の中国からのお客様達。

荒天の山の上は視界が遮られ、みくりが池の周回歩道脇にポツンと居たライチョウも霧の中での撮影です。

Raityou709120160505

霧が晴れると、登山者の2mほど先で採餌を始めました。目の上の赤い肉冠が見える雄のライチョウで、黒い夏羽が出て来ています。

Tateyama715320160505l

山の天気は変わり者。 一面真っ白だった視界も青空が覗き、

Tateyama716620160505l

Tateyama716820160505l

Tateyama717220160505l

ついには快晴に。 (山の写真はクリックで大きくなります。)

Raityou715220160505

足跡を頼りに居場所を探しますが、ハイマツに隠れて居て容易ではありません。

Raityou383720160505

居ました。雄のライチョウです。 ハイマツの葉には霧氷が付くほどの荒天だったのでしょう。 ハイマツに隠れ、羽を膨らませて暖を取っているところです。

雄鳥が赤い肉冠を立てて動き出しました。 近くに雌鳥が居るようです。

Raityou402420160505

居ました。

Raityou389320160505

ハイマツの茂みの中で葉を採餌中でした。

Raityou421920160505

Raityou422620160505

どんどんと雌鳥に近付く雄鳥と、

Raityou425120160505l

Raityou425920160505

気儘に移動する雌鳥。

Raityou438120160505

とうとう雌雄が並びました。

Raityou442920160505l

撮りたかった番の写真です。残念ながら、期待していた交尾は見えませんでした。

(撮影日:2016.05.05)

明日から三宅島に遠征の予定ですが、得意の予約投稿で、立山と石川県(舳倉島含む)の野鳥をご覧にいれます。

|

« キアシシギの採餌風景 | トップページ | 立山のライチョウ (続) »

ライチョウ」カテゴリの記事

コメント

おぉ!
ライチョウの写真が雪景色に映えますね♪
番の写真まで…。羨ましいです。
予約投稿ではありますが、明日からも楽しみにしています。

投稿: ピッさん | 2016年5月11日 (水) 17時40分

ピッさん

コメントありがとう。
この時期のライチョウは綺麗ですね。
今回の遠征でのショット数は約2000。
目下、整理に追われていますが、また明日からは三宅島。
頑張って、好い写真を撮って来る積りです。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2016年5月11日 (水) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山のライチョウ:

« キアシシギの採餌風景 | トップページ | 立山のライチョウ (続) »