« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

我家のシジュウカラは育雛中

今日の野鳥は我家の同居人(鳥)のシジュウカラです。

いきなりのむさ苦しいぼろ屋の写真で申し訳ありませんが、

Niwasubako285020160430

写真右上の軒下の樋に掛けた巣箱をご覧になれますか? 毎年、シジュウカラが営巣し、子育てをしていく改築3回目の巣箱です。

Shijyuukara2845z20160430

春先からせっせと巣材を運び込む姿は見掛けていましたが、連休2日目の今朝方、餌を運ぶ親鳥の姿がありました。 今日は我家で野鳥撮影です。

Shijyuukara2637z20160430

既に雛は孵化して日が経っているのでしょうか?大きな青虫を運んで来ました。

Shijyuukara2728z20160430

Shijyuukara285220160430

Shijyuukara286520160430

連写で飛び込みを狙いますが、なかなか上手くいきません。

Shijyuukara2738z20160430

クモも餌のようです。

Shijyuukara269120160430

Shijyuukara265220160430

偶に糞を咥えて持ち出しますが、未だ雛は小さい様で、頻度はそう多くはありません。

Shijyuukara270120160430

やはり飛び出しも難しい。

Mukudori267220160430

近所の空家の戸袋に巣を掛けようとしていたムクドリが偵察に遣って来ました。

Hashibosogarasu289120160430

隣の神社の木立に巣を掛けるハシボソガラスは巣立ち雛を狙っているのでしょう。偵察行為が絶えません。連休中に巣箱の回りに目の粗いネットでも張ってやるつもりです。

Shijyuukara289220160430

これは、私が提唱する巣箱の入り口の形状です。孔径はシジュウカラ用として28mm。脚抜きが容易に出来るように下側をカットして馬蹄形にしています。

エッつ、庭ですか? 来月末からの長期帰省までには何とか剪定と草取りをする予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

キャベツ畑の欲張りのヒバリ

今日の野鳥はヒバリです。

先日、ツバメチドリを撮りに行った横須賀のキャベツ畑には、収穫後の畑に出て来た虫を食べに、ムクドリや、ツグミハクセキレイスズメ達が遣って来て、盛んに餌を食べていました。

そんな中、畑の角にヒバリが居て・・・、どうも営巣をしているようでした。

Hibari244520160426

ツバメチドリと一緒に移動して来たカメラマンを警戒してか、キャベツの切り株の脇から出て来ました。

Hibari244920160426

Hibari245320160426

羽根を広げて警戒する姿に引かれてヒバリの撮影です。

Hibari245520160426

アッツ!しまった。 ヒバリを撮っている隙に、奥に居たツバメチドリが飛立ちました。

ヒバリに気を移した失敗談でした。

現地で久し振りにお会いした例の駄洒落の大先輩のKさんに、「ヒバリは欲張り」と返しましたが、惜しい瞬間を逃してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

青空を颯爽と飛ぶ燕千鳥

今日は、ツバメチドリの飛翔姿です。

横須賀のキャベツ畑に渡来したツバメチドリですが、めずらしく長期滞在です。キャベツも収穫の最盛期を過ぎ、収穫後の株には黄色の菜の花が咲いて、ツバメチドリが餌とする虫達が沢山いるようでした。

Tsubamechidori224820160426

その虫達を求めて畑の上を縦横無尽に飛び廻ります。

姿かたちもツバメに似ていますが、「ツバメ」と名が付くだけあって速い速い! ファインダーに入れるのがやっとで、AFが効かなくて、押せどもシャッターが下りないことがしばしば。

下は、レンズを交換し、テレコン無しの500mmズーム端で追った連続の飛翔姿です。

Tsubamechidori218020160426

Tsubamechidori218120160426

Tsubamechidori218220160426

Tsubamechidori218320160426

夏を思わせる青空をバックに颯爽と飛翔する姿が何とか撮れました。

下は、その他の飛翔写真ですが、見ていて気持ちが良い飛翔姿でした。

Tsubamechidori221220160426

Tsubamechidori222120160426

Tsubamechidori222220160426

Tsubamechidori222620160426

Tsubamechidori222920160426

ツバメチドリには3年前に西表島で会っていましたが、関東で、しかも、夏羽の成鳥に会えるなんて幸せでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

キャベツ畑のツバメチドリ

2週間強もブログに穴を開けてしまい申し訳ありません。

日曜日に帰省先の岡山から帰宅し、昨日、2週間以上前に情報を貰っていた三浦半島は横須賀のキャベツ畑に渡来したツバメチドリを撮りに出掛けました。

Tsubamechidori233520160426

居ました。 夏羽のツバメチドリです。 私の帰宅を待っていてくれたようでした。

Tsubamechidori236120160426

顔の配色とその特異な姿かたちから、バーダーに人気の野鳥です。

Tsubamechidori210720160426

この日は今季何度目かの夏日で、キャベツ畑には陽炎が立ち、撮影条件は最悪でしたが、3、40mの距離に降り立ってくれて、止まり物が撮れました。

Tsubamechidori249720160426

飛び物もそこそこ撮れた撤収前には、12、3mの至近に降り立ったツバメチドリを教えていただき、

Tsubamechidori252920160426

Tsubamechidori256920160426

収穫後の畑に咲くキャベツの花の中のひょうきんなツバメチドリの姿も撮れました。

明日は、飛び物を掲載しますので見てやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

昨季撮ったジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキです。

郷里岡山の田舎の菜園に姿を見せてくれていたジョウビタキの雄は、1週間ほど前に渡去したようです。

渡来は昨年末。 暮も押し迫り、葉の落ちた庭木の剪定に取り掛かると、剪定鋏の「カタ、カタ」という音を聞き付けてジョウビタキが姿を現したものでした。

我が家に来たジョウビタキは前年と同じ個体なのか?雌でした。

そして、暖冬で冬鳥が少ない中、ジョウビタキだけは、撮影に赴く方々であの可愛い姿を見せてくれました。

今日は、在庫の中から、昨季方々で撮ったジョウビタキを集めてみました。

Jyoubitaki005920151214

Jyoubitaki008520151214

寒空を思わせるグレーの背景の中のジョウビタキ♂も良いですね。

Jyoubitaki015820151217

マユミの枝に止まると、何か桃の節句の様な・・・。

Jyoubitaki015920151217

Jyoubitaki046020151217

夕刻の寒さに羽を膨らませたジョウビタキ。後ろのピンクはマユミです。

Jyoubitaki056020151219

センダンの高木の枝に止まるジョウビタキ♀です。抜けるような青空に白いお腹とセンダンの白い実が良く合っていました。

そしてこれは、

Jyoubitaki176420151225

亜種シベリアアオジの居た東京都下の公園の茂みから出て来たジョウビタキの雌。

**********************************************************************

下は、ジョウビタキにまつわる民話の紹介です。 

 昔々、スズメツバメジョウビタキ、の三姉妹が居りました。
 姉妹とも嫁ぎ、親元を離れていたのですが、
 ある日彼女らの元に母危篤の知らせが入ったのです。

 おはぐろを塗っていたスズメはその知らせに驚き、
 おはぐろを塗るのを途中で止めて、母親の元へと駆け付けました。
 そのため、親の死に目に間に合うことが出来ました。
 それを見ていた神様は、「何と親孝行だろう」と、
 「お前達は虫を追い掛けて食べることはない。
 人が作った五穀を分けて貰って生きなさい」と褒めました。

 おはぐろを塗っていたツバメはその知らせに驚いたのですが、
 おはぐろを綺麗に塗り、口紅をつけて、母親の元へと駆け付けました。
 そのため、親の死に目に間に合うことが出来ませんでした。
 それを見ていた神様は、「親不孝な娘だ」と、
 「お前達は一生虫だけを食べなさい」と叱ったそうです。

 おはぐろを塗っていたジョウビタキはその知らせに驚いたのですが、
 おはぐろを綺麗に塗り、その上、紋付で着飾り、母親の元へと駆け付けました。
 そのため、親の死に目に間に合うことが出来ませんでした。
 それを見ていた神様は、「何という親不孝者だろう」と、
 「お前達は金輪際、食べ物を食べてはいけない」と叱ったそうです。
 困り果てたジョウビタキは涙を流しながら神様に謝りました。

 その名残から、今でもジョウビタキは、お辞儀をして頭と尻尾を振っているのだそう
 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

奥蓼科のイカル

閉鎖したホームページからの転載が続き申し訳ありませんが、今日の野鳥は、10年前に奥蓼科のペンションで撮ったイカルです。

Ikaru000720061230

Ikaru001820061230

Ikaru004920061230

年末の寒い朝、ベッドに潜り込んでいる妻をよそ目に、ペンションの窓を開け放して撮った思い出のイカルです。寒い思い出と一緒に捨てられない写真となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

ヤマセミの採餌

今日の野鳥も昨日に続き、閉鎖ホームページから転載のヤマセミです。

川幅10mにも満たない小さな支流には、ハヤが沸き、落ちアユや時には遡上してきたボラの稚魚まで群をなしていました。

Yamasemi007f

ヤマセミカワセミにとってはまさに天国で、頻繁に姿を見せてくれました。

小川の土手下に打ち込んだ角杭の上がお気に入りで、捕ってきたハヤを食べるシーンを連写しました。

Yamasemi216f

Yamasemi217f

Yamasemi218f

Yamasemi219f

Yamasemi220f_2

Yamasemi221f

このヤマセミですが、どこかの心無いカメラマンに場を荒らされ、また、開発行為による環境の変化も重なって、姿を消してしまいました。

「いつまでもあると思うな親と金、無いと思うな運と災難」 一つの教訓となった事象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

昔居た近所のヤマセミ

雨をもたらした低気圧が過ぎ、満開だったの木の下は、雪が降った様に花びらで真っ白です。

3日前に遅い初認日を迎えたツバメ達も、街中の民家の軒先の古巣に姿を見せて、繁殖の準備に取り掛かりました。

でも、夏鳥の到来までは、今少し時間が掛かりそうです。

そこで、先月閉鎖したホームページからの転載で、当ブログを継続させていただいております。

今日の野鳥は、フィルム時代に撮った近所の河川に居たヤマセミです。

Yamasemi004f

もう20年も前のこと。 自宅から15分ほどの市街地の川に、ヤマセミの番が居りました。

Yamasemi003f_2

Yamasemi006f_2

休日でも、カメラマンは顔見知りが二人ほど。

Yamasemi005f_2

ブラインドを張れば目の前で、

Yamasemi239f_2

こんなシーンも撮れました。

Yamasemi236f

悪いのは、腕と機材とフィルムだけ。

Yamasemi237f

ヤマセミは生き生きとしていました。

Yamasemi224f

支流の小川にも入って来て、目の前で、見事な狩を何度も見せてくれました。

ブラインドの上にも止まり、暫く固まってしまった経験もありました。

遠い昔の思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

姿を見せたヤブサメ

今日の野鳥は、閉鎖したホームページから転載のヤブサメです。

ヤブサメ
[スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科] ⇒ 新分類では[ウグイス科ヤブサメ属]
2005年5月
長野県中軽井沢

Yabusame

沢筋でミソサザイを待っていたときに、良く似た胸の白い小さな鳥が出没。あわてて写真に収めて後でヤブサメ(藪雨)と分かりました。 「シシシシー」と尻上りに甲高い高周波調の鳴声を出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

奄美大島の野鳥 ④

ホームページから転載の 奄美大島の野鳥 ④ は、亜種アマミコゲラです。

アマミコゲラ
[キツツキ目キツツキ科] 亜種
2006年3月
鹿児島県奄美大島

Amamikogera

奄美の大島つむぎ村の庭のヘゴの古木に巣穴を掘っていました。 体色の濃いコゲラの一亜種と知っていましたが、本州のコゲラと余り変わりません。ヘゴの木肌と垂れ下がる葉を写し込むことができ、感じの良い写真になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

奄美大島の野鳥 ③

ホームページから転載の 奄美大島の野鳥 ③ は、オーストンオオアカゲラです。

オーストンオオアカゲラ
[キツツキ目キツツキ科] 亜種
2006年3月
鹿児島県奄美大島

Ohsutonooakagera

奄美固有のオオアカゲラの亜種です。奄美の森では比較的容易に観察できますが、一説には推定個体数は約500羽とか。 この日は身近に雌雄のペアを観察できました。背の白点も小さく、頬もベージュ色で、腹部は濃い赤色のため、全体に黒く見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

奄美大島の野鳥 ②

ホームページから転載の 奄美大島の野鳥 ② は、亜種アカヒゲです。

アカヒゲ
[スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科] 固有種 ⇒ 新分類では[ヒタキ科ノゴマ属]
2006年3月
鹿児島県奄美大島

Akahige

奄美自然観察の森では、少なくなったとはいえ、アカヒゲのコーラスが其処かしこで聞こえます。 しかし、姿を見るのは容易ではなく、出て来てくれたとしても暗い森の端です。たった一回のチャンスでしたが、オーストンオオアカゲラの 古い巣穴から覗いたオスのアカヒゲを写真に収めることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

奄美大島の野鳥 ①

niftyがホームページサービスを止めることとなり、随分と昔に立ち上げ最近は更新もしていなかった「瑞鳥庵HOMEPAGE」をここで閉鎖いたしました。

中には思い出深い記載も有り、少し抵抗はありましたが、個人的には閲覧も可能なことより、思い切って閉鎖とし、野鳥関連記事のみは可能な限り当「瑞鳥庵ブログ」に収容することに致しました。

先ずは手始めに、ブログ立ち上げ以前に撮って、その後撮っていない野鳥種の転載から始めることと致しました。

最初は、奄美大島の野鳥 ① と題して、ルリカケスです。

ルリカケス
[スズメ目カラス科] 固有種
2006年3月
鹿児島県奄美大島

Rurikakesu

奄美自然観察の森のせせらぎ池に水浴びに来たルリカケスです。奄美では都合4日間探鳥を楽しみましたが、 この季節は風が強く、水浴びのチャンスに出会えたのはこの一回だけでした。3月のこの時期は子育ての真っ最中で、 森で会った写真家は民家に営巣した6羽の雛のデジカメ写真を見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

夏羽に換わったチュウダイサギ

今日の野鳥は、亜種チュウダイサギです。

干拓地の護岸に一羽の白鷺が居ました。嘴の基が緑青色になった亜種チュウダイサギでした。

Tyuudaisagi183820160328

Tyuudaisagi183920160328

未だ、繁殖羽の綺麗な飾羽は生えてはいませんでしたが、

Tyuudaisagi184120160328

実家の近くの鷺山では、既に営巣が始まっています。

Aosagi183320160328

これは近くを飛んだアオサギです。 嘴と足に繁殖期の赤味が増してきていました。

これから鷺山は五月蝿くなることでしょう。

(撮影日:2016.03.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »