« 今鴨が面白い(コガモ) | トップページ | 今鴨が面白い(ヒドリガモ) »

2016年3月17日 (木)

緋寒桜とヒヨドリ

今日の野鳥は、「今鴨が面白い」を中断して、今盛りの緋寒桜に蜜を吸いに遣って来たヒヨドリです。

嵐のような夜半の雨が上がり、一昨日は、朝から青空一面の快晴の一日でした。

早朝のゴミ出しをした際に観た丹沢の峰々には積雪があり、無風状態。 前日出された東京のの開花予想は、今年も平年より早く、なんと、3月18日とのこと。

この分だと、近くの公園の緋寒桜は満開で、蜜を吸いにヒヨドリメジロが遣って来ているはずです。

Hiyodori119820160315l

Hiyodori119920160315l

Hiyodori120320160315l

公園の緋寒桜は七分咲きでしたが、遣って来ていました。

煩くない枝先にヒヨドリが移動するのを待って撮りました。 (クリックで少し大きな写真になります。)

Hiyodori121220160315

これは緋寒桜に紛れるヒヨドリ。 黄色い嘴は緋寒桜の花粉です。

そして、下は、渋沢丘陵から望む当日の丹沢の峰々です。

Tanzawa101820160315l

右が大山、中央左が丹沢連峰の表尾根です。

当日は、

Fuji102720160315

富士も、

Hakoneyama103020160315

大涌谷の噴煙が観える箱根の山々も雪化粧をしていましたが、この日廻ったMFは春の陽気でむんむんしていました。 

春近き隣は何をする人ぞ

(撮影日:2016.03.15)

|

« 今鴨が面白い(コガモ) | トップページ | 今鴨が面白い(ヒドリガモ) »

ヒヨドリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/63352851

この記事へのトラックバック一覧です: 緋寒桜とヒヨドリ:

« 今鴨が面白い(コガモ) | トップページ | 今鴨が面白い(ヒドリガモ) »