« 水温む川の翡翠 | トップページ | 姿を見せたウグイス »

2016年3月28日 (月)

笠菅の池のダイサギ

今日の野鳥は、在庫の中からダイサギ亜種ダイサギ)です。

Daisagi853320160228l

約1ヶ月前、近所の湿生公園に一羽で居たダイサギです。

カサスゲが繁茂する池端をゆっくりと回って餌の小魚を探していましたが、最近、小魚の姿がめっきり減って、いつも居るカワセミの姿も見掛けにくくなりました。

カサスゲの群落をバックに、広大な自然界の中のダイサギの姿をイメージする様にカットしてみました。

Daisagi853420160228

手前は、コガモと一緒にこの池に居る留鳥のカルガモです。

下は、カワアイサの居た県西の川で撮ったダイサギ亜種チュウダイサギ)です。

Daisagi807920160228

こちらは、餌を追って、川中を駆けり回っていました。

以下は余談。

********************************************************************** 

鳥の名前ですが、

」は、「だいちゅう」と読み、の無い「」は、「おお」と呼んで種別をしているのをご存知ですか?

鷺、鷺、鷺」は、「だいさぎ、ちゅうさぎ、さぎ」。 「杓鷸、杓鷸、杓鷸」は、

だいしゃくしぎ、ちゅうしゃくしぎ、しゃくしぎ」。

白鳥、白鳥」は、「おおはくちょう、はくちょう」。 「瑠璃、瑠璃」は、「おおるり、るり」。 etc.

もし、チュウサギが居なかったら、「鷺」は、「おおさぎ」と呼ばれたかも。

どうでもいい話です。

|

« 水温む川の翡翠 | トップページ | 姿を見せたウグイス »

ダイサギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠菅の池のダイサギ:

« 水温む川の翡翠 | トップページ | 姿を見せたウグイス »