« 狙い外れてベニマシコに | トップページ | 渡去前にもう一度会いに »

2016年2月22日 (月)

証拠写真のオオホシハジロ

今日の野鳥はオオホシハジロ♀です。

遊水地の本命をそこそこに諦めて向かった当日第3番目の探鳥地は、埼玉県のとある貯水池。 ここのホシハジロの群の中にオオホシハジロの雌鳥が混じっているとか。

着いた都民の水瓶でもある貯水池には、5、60羽のホシハジロキンクロハジロの群れが居て、折からの強風に煽られて、北側の一角に集まっていました。

その中の一羽のオオホシハジロを探しますが、逆光と波浪に、遠距離というおまけまで付いて・・・・・、

Oohoshihajiro6180z20160217

それらしきシルエットを追ってやっと捉えたオオホシハジロの雌鳥でした。

Oohoshihajiro6183z20160217

真っ黒く長い嘴と、面長な顔が探鳥のポイントでしたが、モニターで確認している内に見失ってしまいます。最初はその繰り返しでした。

Oohoshihajiro6195z20160217_2

ホシハジロ♂の群の中で、寅さん顔! 「私、生まれも育ちもアメリカです。姓は大星、名は羽次郎、人呼んでオオホシハジロと発します。」 と、口上が聞こえて来そうですね。

余りにも遠いので順光側に廻ると、

Oohoshihajiro6237z20160217_3

なんとこちらからは倍ほども遠い。 奥の薄い羽色がオオホシハジロ♀です。

図鑑によるとホシハジロよりも10cmほども大きいそうですが、個体差もあるのでしょうか、大きさの違いは余りありませんでした。

下は、ホシハジロ♀とのツーショットです。 違いが良く分かります。

Oohoshihajiro6324z20160217

Oohoshihajiro6399z20160217

いずれも奥がオオホシハジロ♀です。

Oohoshihajiro6359z20160217

スマートなシルエット。

この後、第4番目の探鳥地、荒川の河川敷に向かいました。お目当ては羽色が大分白くなってきたというハクガンでした。

|

« 狙い外れてベニマシコに | トップページ | 渡去前にもう一度会いに »

オオホシハジロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証拠写真のオオホシハジロ:

« 狙い外れてベニマシコに | トップページ | 渡去前にもう一度会いに »