« 三重で越冬中のタカブシギ | トップページ | 安濃川河口のミヤコドリ »

2016年1月24日 (日)

13羽のコクガン

今日の野鳥はコクガンです。

昨年末に銚子の漁港で綺麗なコクガンを撮ったばかりですが、ここ三重の雲出川河口に遣って来るコクガンは数が多く、群の飛翔姿を観ることが出来ます。

只、難点は、遠いことでしょうか?

ユキホオジロを撮った次の朝に出掛けた雲出川の河口は、いつもに無くだだっ広く感じられ、鳥影もまばらでしたが、

Kokugan322320160116l

河口の沖に残る小さな中州に、13羽のコクガンの姿が見えました。

潮の満ちて来る中州には数羽のカモメミヤコドリカワウマガモ達の姿も見受けられ、一緒に飛び立ちを待っている様子でした。

暫くして、

Kokugan324020160116l

コクガンが一斉に飛び立ちました。 海面すれすれを飛翔した後、

Kokugan328720160116l

Kokugan336620160116l

伊勢湾の青い海原を旋回して、

Kokugan338120160116l

対岸の浅瀬に着水しました。

下は、飛翔姿のアップです。

Kokugan3303z20160116

先ずは目的を果たし、少し北上して、次なる目的地である、ミヤコドリの群の居る安濃川河口に向かいました。

(撮影日:2016.01.16)

|

« 三重で越冬中のタカブシギ | トップページ | 安濃川河口のミヤコドリ »

コクガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13羽のコクガン:

« 三重で越冬中のタカブシギ | トップページ | 安濃川河口のミヤコドリ »