« 飛翔するヒドリガモ | トップページ | ハリスホークの調教に出会う »

2016年1月27日 (水)

雪の日のジョウビタキ

今日の野鳥はジョウビタキ♂です。

現在帰省している岡山の実家は県西の山間部にあり、菜園の作付けの判断は「温暖地」と「寒冷地」の中間を採用します。

ということで、県北や山陰ほどでもありませんが、雪もそこそこに積もります。

先日、積雪6cmの大雪(?)となった菜園には、いつもの可愛いジョウビタキの姿がありました。

Jyoubitaki656520160119l

フェイジョアの枝先で何か小さな黒い実を食べるジョウビタキ

Jyoubitaki651420160119l

雪の付いたハナモモの枝に止まるジョウビタキ。 フォーカシング限界内の1.5mの至近に遣って来て、後すざりして撮りました。

Jyoubitaki658520160119l

赤い蕾みを付けたウメ(南高)の小枝に止まるジョウビタキ

Jyoubitaki656820160119

そしてこれは、イチジクの枝先に止まったジョウビタキ

白一面の菜園では、鮮やかなオレンジの羽色は良く目立って綺麗でした。

ジョウビタキが食べていたのは、

Jyoubitaki6540z20160119

菜園脇のサカキの実でした。

(撮影日:2016.01.19)

ジョウビタキは其処彼処に居て、しかも、撮り易く、今季撮った写真だけでも多数在庫しています。その内に特集を組むようです。

**********************************************************************

話は換わって、

昨日は、午前中に剪定枝の始末を終え、午後から、車で1時間の倉敷に映画を観に行きました。

題名は「LES SAISONS: シーズンズ 2万年の地球旅行」です。

野鳥は、アオガラから始まり、カケス、カササギ、カワセミ、アカゲラ、アトリ、そして、ゴシキヒワやスイスで撮ったムナジロカワガラス等。 クロヅル、ヤツガシラ、シロフクロウも。

ストーリーや笑福亭鶴瓶の大阪弁のナレーションは今一としても、野鳥をはじめとする野生動物の生き生きとした映像と、クリスタル ケイの歌うエンディングソング「Everlasting」は良かった!

映画「シーズンズ 2万年の地球旅行」のサイトは下記のURLにアクセスしてみて下さい。野鳥好きには必見ですぞ。

http://gaga.ne.jp/seasons/index.html

|

« 飛翔するヒドリガモ | トップページ | ハリスホークの調教に出会う »

ジョウビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日のジョウビタキ:

« 飛翔するヒドリガモ | トップページ | ハリスホークの調教に出会う »