« 初撮りのカモメ | トップページ | カマキリを捕らえたモズ »

2015年12月15日 (火)

アイゴを食すセグロカモメ

今日の野鳥はセグロカモメです。

新機材のテストに訪れた漁港では、カマスの群れが入って来ていて、平日にも拘らず大勢の釣り人が竿を下ろしていました。

クーラーボックスを見せて頂くと25cm級のカマスが20匹ほど。前日は70匹釣ったとか。魚屋が開けそうな釣り客でした。

そんな漁港の中に一羽の大型のカモメ類が浮かんで何かをつついていました。

Segurokamome570420151210

セグロカモメです。

なにか大きな木か葉っぱのようなものをつついています。

Segurokamome570920151210

アイゴです。

Segurokamome571120151210

沖合いの定置網の漁獲から捨てられたアイゴでしょうか。

Segurokamome571820151210

軟らかい腹の方に嘴を入れていましたが、毒のある鰭に手こずっていたのかも。

Segurokamome572020151210

アイゴは鰭に毒があり、身も臭くて食用にはしませんが、地方によっては美味しい魚として珍重されるとか。ゴンズイと一緒で、死んでも棘の毒素は無くならないそうで、釣り人にとっては厄介な魚です。

ところで、新機材のテストですが、AFも申し分ありません。

(撮影日:2015.12.10)

|

« 初撮りのカモメ | トップページ | カマキリを捕らえたモズ »

セグロカモメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイゴを食すセグロカモメ:

« 初撮りのカモメ | トップページ | カマキリを捕らえたモズ »