« (創作珍鳥)ケナガ | トップページ | 帰途に撮ったミゾゴイ »

2015年11月 7日 (土)

菜園に降りてきたジョウビタキ

在庫の「創作珍鳥」も残すところ現時点での最終弾である第39弾の一種のみ。拙い「創作珍鳥」へのアクセス、ありがとうございました。

ところで、今日7日は、郷里岡山の田舎での菜園仕事(別称は百姓仕事ですが)を終えて、何も無ければ、神奈川への帰宅の途上です。

途中一泊して、大阪の緑地公園に寄り、その足で、帰省途中に寄った三重は松坂の河口で探鳥をして8日に帰宅する予定でいます。

菜園を離れる前々日。小屋脇の梅の梢で「カタカタ」と声がします。

Jyoubitaki289320151105

裏山から先日の?ジョウビタキ♂が降りて来てくれました。

隣の荒神様のの大木の天辺で、「キーキー」と鳴いて秋の到来を知らせてくれていたモズが去った後、寂しくなった菜園でしたが、

Jyoubitaki289420151105

今年も我が菜園のマスコットを演じてくれそうです。

**********************************************************************

今回の帰省中の野鳥撮影は不調に終わりましたが、海に川にと田舎の友人達が誘ってくれ、綺麗な自然と美味しい味覚を存分に味わいました。下はその一部のご報告です。

先ずは「四国多度津沖のいいだこ釣り」

Iidakotsuri049120151006

瀬戸大橋を眺めながらの「いいだこ釣り」です。同行の竿頭は350匹を釣ることも。

Iidako276520151031

食卓に並べた「いいだこの柔らか煮」です。もちろん私の手料理で、米糠と粗塩でヌルを取り、墨袋と目玉を落とし、足先も2cmほど落とします。自家製のショウガニンニクをすり込んだ酒入りの煮汁で、落し蓋をして中火で煮込みます。一匹50円から酷い時には500円にもなる高級料理です。

そして、県南を流れる清流河川での「シジミ捕り」

今年は多くて、幼友達との分業で、2時間で10kgの収穫でした。

Shijimi274320151031

これは私の分け前で、3日ほど砂出しをして水を切り、小袋に分けて冷凍にして使います。

極めつけは、道具を借りた幼友達の親戚で貰ったズガニでした。

Mokuzugani276320151031

甲羅の幅7cmほどの旨そうなズガニモクズガ二)でした。

Mokuzugani277920151101

さっそく蒸して食卓へ。 旨いのなんのって、頬(ほっぺた)が落ちそうでした。  昔、北京で食べた上海蟹よりも旨かったのは、旬の新鮮さのせいでしょうかね。

ブドウ、それに無農薬野菜。秋は田舎が一番です。

|

« (創作珍鳥)ケナガ | トップページ | 帰途に撮ったミゾゴイ »

ジョウビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜園に降りてきたジョウビタキ:

« (創作珍鳥)ケナガ | トップページ | 帰途に撮ったミゾゴイ »