« 三重の池のオグロシギ | トップページ | 瀬戸内のイソヒヨドリ »

2015年10月16日 (金)

山間のノビタキ

今日の野鳥はノビタキです。

帰省途中に寄った三重松坂の野鳥で何とか5月20日からのブログの連載を継続して来ましたが、とうとうブログネタが途切れてしまい、また昔の「創作珍鳥」を転載せざるを得ない?状態に陥りました。

菜園の片付け作業も一段落し、家内と下の娘とその孫娘が帰京した翌日の昨日、近くの探鳥ポイントに出掛けてみました。

Nobitaki243720151015

山間部のセイタカアワダチソウが繁茂する耕作放棄地の一角に居ました。 ノビタキです。

当日は県南まで足を延ばしましたが、セイタカアワダチソウが生い茂る耕作放棄地の多いこと。半端では有りません。

そして山間部には空き家の多いこと。

そんな集落の一角に、

Jyoubitaki2439z20151015

居ました、ジョウビタキ♀です。

距離は150mほど。近付こうにもイノシシ除けの電気柵が張り巡らされていて近付けません。

証拠写真ですが、今季の初認日となりました。

(撮影日:2015.10.15)

**********************************************************************

最初に行ったポイントは、春の「つつじ祭り」と晩秋の雲海で有名な弥高山。隆起準平原の吉備高原にポコッと頭を突き出したモナドノック(太古の昔の火山の残丘)で、これから秋が深まると、山頂から、瀬戸内に向けて広がる雲海を写真に収めるカメラマンで賑わうところです。

Unkai242920151015

Unkai243020151015

これは当日8時半頃の写真ですが、霧の濃い明け方はこんなものではありません。朝日が昇った雲海は、それはそれは芸術的です。チャンスがあったら今回の帰省期間中に挑戦してみたいと思っています。

下は、山に残っていたアジサイです。

Ajisai243320151015

こんなアジサイも綺麗ですね。

|

« 三重の池のオグロシギ | トップページ | 瀬戸内のイソヒヨドリ »

ノビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山間のノビタキ:

« 三重の池のオグロシギ | トップページ | 瀬戸内のイソヒヨドリ »