« 創作珍鳥(NATURE/HUMOR) | トップページ | (創作珍鳥)タイコバト »

2015年8月 7日 (金)

(創作珍鳥)ヒノマルカモメ

NATURE/HUMOR SERIES NO.1 (2005.11.13) 

A FIELD GUIDE TO LITTLE-KNOWN & SELDOM-SEEN BIRDS OF JAPAN
日本の知られざる珍鳥の図鑑

ヒノマルカモメ (Larus defensus japonica)

チドリ目カモメ科。1900年代前半から生息数を徐々に増やし、1940年代初期に個体数でピークを迎えたが、外国種の攻勢に逢い、急激に数を減らし、1945年には絶滅危惧ⅠA 類に指定された。 その後、僅かではあるが生息が確認?されている。  生息域は、横須賀、佐世保、呉等の限られた地域に限定されるが、近年、海外の中東域でも迷鳥として現認の記録と、「イージス、イージス・・・」との地鳴きも初認された?との報告がもたらされた。 通常は控えめな鳴声で「カイジョー・・・・・ジェッタイ、ジェッタイ」 と稀に囀る。
飛翔の記録が僅かに残っているが、その飛翔姿は日章旗に似ており、「祝賀飛翔」と呼ばれていた。

Hinomarukamome

■探鳥のコツ
良港の大型の金属構築物の上部に生息すると云われ、霧の深い耳をつんざく様な大きな音がする朝方が探鳥の好機。偶に新聞の地方版に「出航」の記事が載る日を見逃さないこと。

■探鳥特殊機器
ラッパ。一説には「軍艦マーチ」の全フレーズを聴いたあとに現れ、祝賀飛翔をするとの言い伝えあり。

|

« 創作珍鳥(NATURE/HUMOR) | トップページ | (創作珍鳥)タイコバト »

創作珍鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (創作珍鳥)ヒノマルカモメ:

« 創作珍鳥(NATURE/HUMOR) | トップページ | (創作珍鳥)タイコバト »