« 倉敷フクロウの森のフクロウ達 ① | トップページ | (四国周遊)高知のヤイロチョウ »

2015年8月29日 (土)

倉敷フクロウの森のフクロウ達 ②

動物園の鳥はもういいよ。と、おっしゃるかも知れませんが、これもブログの穴埋め。今少しお付き合い下さい。

と言うわけで、今日も「倉敷フクロウの森」フクロウ達です。

ベンガルワシミミズク(Indian Eagle Owl 

Bengalwashimimizuku700420150819

Bengalwashimimizuku706520150819

体長50~56cmの大型のフクロウ。 インドとその周辺地域に生息し、トラに似た美しい体色をしたフクロウです。 此処での愛称は「キング」。なるほど、王様然とした貫禄でした。

メンフクロウ(Barn Owl

Menfukurou705620150819

Menfukurou705820150819s

体長34~28cm。 北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アラビア半島、東南アジアなど広範囲に分布。主に田園部に生息して野鼠などを捕食する。

此処での愛称は「ゴーちゃん」。 手乗り撮影に応じてくれます。

ニュージーランドアオバズク(Boobook

Newzealandaobazuku706220150819

Newzealandaobazuku706320150819s

体長26~36cmのアオバズクの仲間。オーストラリア、ニューギニア、インドネシア南部の小スンダ列島に生息する夜行性のフクロウ

英名の「Boobook」は鳴声から。

オナガフクロウ(Northern Hawk Owl

Onagafukurou711120150819

Onagafukurou699620150819s

体長36~41cm。和名の様に長い尾羽を持つ中型のフクロウで、アメリカ、アジア、ヨーロッパ大陸の北部の森林地帯に生息。 英名の様に飛んでいる姿は小型のの様に見えるそうです。

最後は、

シロフクロウ(Snowy Owl

Shirofukurou711820150819

Shirofukurou708720150819s

体長53~66cmの大型のフクロウ。北極圏のツンドラ地帯に生息し、稀に日本にも渡来するそうです。ハリーポッターシリーズの主人公ハリーが飼っていたフクロウがこのシロフクロウで、あの映画以来一躍有名になった?

残念ながら此処のこの子は未だ幼鳥で、ケージの中で飼育されていて、餌を強請って猫のような可愛い声で鳴いていた。

湘南平塚の「フクロウの森」には異なる種のフクロウも居るらしい。鳥枯れの時期を待って行ってみようと思っています。

(撮影日:2015.08.19)

|

« 倉敷フクロウの森のフクロウ達 ① | トップページ | (四国周遊)高知のヤイロチョウ »

倉敷フクロウの森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉敷フクロウの森のフクロウ達 ②:

« 倉敷フクロウの森のフクロウ達 ① | トップページ | (四国周遊)高知のヤイロチョウ »