« 夏羽のウミスズメ | トップページ | 鳥枯れにつき »

2015年8月 2日 (日)

鷲の宿のシマフクロウ 続き

一時中断を含めて長々と続けて来ました北海道シリーズでしたが、今日を持ちまして終了させていただきます。

最終回は、再度、羅臼は「鷲の宿」で撮ったシマフクロウの在庫を掲載致します。

Shimafukurou267820150613

雄鳥は3度も出てくれて、

Shimafukurou276820150613

生簀の中の餌を何匹も食べ、持ち去りもしましたが、

Shimafukurou257620150613

雌鳥は一度だけ出て来て、

Shimafukurou258220150613

生簀にダイブ。

Shimafukurou258320150613l

何とかシマフクロウのダーウィンポーズが撮れました。足環をしていないと良いですね。 (左クリックで少し大きな写真になります。)

そして、若鳥です。

Shimafukurou277320150613

若鳥も一度だけ出て来てくれましたが、右足に金色の足環をしています。

何度か失敗した後、生簀の中の餌をよーく見て、

Shimafukurou277520150613

チョコンと ダイブ!

Shimafukurou277820150613

ん?

Shimafukurou277920150613

うん?

Shimafukurou278420150613

おーッ・・・・・!?

Shimafukurou278620150613

おッ、今度は捕まえました。

Shimafukurou279220150613

あーァッ やっと何んとか」と思っているかどうか。

Shimafukurou279320150613l

どう」って、ギャラリーに伺っているようなポーズです。 拍手でもしなければ駄目だったのかな? (左クリックで少し大きな写真になります。)

Shimafukurou293820150613

少しおふざけが過ぎましたがご容赦を。

(撮影日:2015.06.13)

最後に、同行の鳥友Sさん、Yさん、北海道遠征、お疲れ様でした。大変お世話になりました。今回はまあまあでしたね。また次の遠征も宜しくお願い致します。

|

« 夏羽のウミスズメ | トップページ | 鳥枯れにつき »

シマフクロウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲の宿のシマフクロウ 続き:

« 夏羽のウミスズメ | トップページ | 鳥枯れにつき »