« 懐かしい野付のオオジシギ | トップページ | 野付の夏のオジロワシ »

2015年7月 3日 (金)

鷲の宿のシマフクロウ

今日の北海道の野鳥はシマフクロウです。

今年2度目のシマフクロウ撮影です。前回は2月21日。積雪の壁をバックに一度だけ生簀に現れたシマフクロウを撮影することが出来ましたが、およそ4ヶ月振りとなる初夏の今回は、大いに期待しての「鷲の宿」への投宿でした。

野付から夕刻5時に羅臼に帰着。撮影場所を確保して周辺を散策です。同行の鳥友Yさんは前の川で釣りに興じ、見事に型の良いオショロコマを2匹も釣り上げました。さっそく今晩のおかず?ではなくて、シマフクロウの餌として生簀に追加です。

Shimafukurou251220150613

夕食を終えて待つこと小一時間。7時20分過ぎにオスのシマフクロウがいきなり生簀に降り立ちました。口にはYさんが釣り上げたオショロコマ?を咥えています。

連射(連写)が始まりました。

この餌はその場で食べてしまい、次の餌に飛び掛りました。その一連の動きを連続写真で。

Shimafukurou253720150613

Shimafukurou253820150613

Shimafukurou253920150613

Shimafukurou254020150613

Shimafukurou254220150613

Shimafukurou254320150613

Shimafukurou254420150613_2

Shimafukurou254620150613

Shimafukurou254720150613

Shimafukurou254820150613

Shimafukurou255720150613

Shimafukurou255820150613

2度目の獲物は巣に居るという今年生まれの雛鳥に持ち帰ったのかもしれません。

428+D700(DX)で、F値3.5、ISO3200、シャッタースピード1/80の撮影です。小屋の後部端にて狙ったのですが、DXじゃ羽が切れ、やはりフルサイズが欲しいですね。

シマフクロウ、この日は、照明が消される深夜12時までに、オスが3回、メスが1回、そして、昨年生まれの若が1回の計5回出て来てくれました。

2月の撮影が嘘のようでした。

その他のシーンは追って披露したいと思います。

(撮影日:2015.06.13)

|

« 懐かしい野付のオオジシギ | トップページ | 野付の夏のオジロワシ »

シマフクロウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲の宿のシマフクロウ:

« 懐かしい野付のオオジシギ | トップページ | 野付の夏のオジロワシ »