« 羅臼の海で観たミツユビカモメ | トップページ | 八東の森の木葉木菟 »

2015年7月22日 (水)

八東の森の柿木菟

今日は再度北海道シリーズを中断させていただきまして、昨日、鳥取県は八東ふる里の森で撮った赤色型のコノハズク(別名:柿木菟/カキズク)とその巣立ち雛を掲載します。

Konohazuku624620150721s

巣箱の側のブナの枝股に止まり巣立ち雛を警戒する柿木菟の親鳥です。

実はこの日、7月上旬に八頭にアネハヅルが入ったとの新聞情報があり、野暮用と台風11号の通過等で行きそびれていたアネハヅルを物にしようと出掛けましたが、9時過ぎに到着したポイントにはアネハヅルの姿は無く、呆然と立ちすくむカメラマンの方にお聞きしたところ、9時前に上空を向いて鳴いた後に飛び立ち、かなり上空に登って一直線に飛び去ったとのこと・・・・・。

よくある話で、今回も抜けた後。それにしても、あと30分も到着が早ければ・・・・・。

小一時間ほど周辺を探した後、コノハズクの雛の巣立ちが始まったと教えていただいた八東ふる里の森に行きました。片道30分の距離です。

Konohazuku664320150721s

現地に着くや、名物館長がお出掛けのところ、丁寧に場所を教えて下さり、早速撮影に。

Konohazuku622220150721

Konohazuku623520150721

親鳥の止まっている木の下の茂みの中に1羽が居ました。3羽目の巣立ち雛だそうで、既に巣立った2羽の雛も近くに居るそうですが観えず、巣箱にはもう1羽の雛が残っているとのこと。

Konohazuku656020150721

Konohazuku656920150721

頭掻きをしたところです。

Konohazuku654920150721

可愛いィー? この顔、いつも映画スターウォーズのヨーダを思い出してしまいます。

コノハズクの写真を撮っていても、頭の中はアネハヅルのことばかり。アーッツ、残念!悔しい!・・・。 最近ツキも無く、鳥運も無い。

**********************************************************************

最近多い余談ですが、台風11号。

先日の大型で強い台風11号は、我が郷里岡山県西を通過致しました。

多くの方から台風見舞いを頂きましたが、被害は0。

いつものことですが、岡山、特に県西は、四国のお陰で台風被害は余り大きくはありません。降雨による大雨洪水被害を除けば、いつも平穏な土地と言って良いでしょう。

幼少の頃いつぞや台風の目が上空を通過したことがありましたが、無風状態の中、上空に覗いた青空を見て楽しんだ事がありました。

被災された方々には大変失礼で不謹慎ですが、私にとっての被害はアネハヅルが撮れなかったことでしょうか。

|

« 羅臼の海で観たミツユビカモメ | トップページ | 八東の森の木葉木菟 »

コノハズク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八東の森の柿木菟:

« 羅臼の海で観たミツユビカモメ | トップページ | 八東の森の木葉木菟 »