« 走古丹の子連れのタンチョウ | トップページ | 淡色型も居たフルマカモメ »

2015年7月26日 (日)

落石漁港のオオセグロカモメ

今日の北海道の野鳥(海鳥)はオオセグロカモメです。

北海道最終日の午前中に落石ネイチャークルーズを予約していました。最低催行人数3名という条件もあり、我々3名はすんなりと予約が出来たのですが、悪天候も重なってか、前日出航キャンセルとなった方達も含め9時からの1便は総勢6、7名の乗船となるとのことでした。

早めに落石漁業協同組合の「エトピリ館」に赴き、乗船手続きをして6時出航の早朝便の帰航を待ちます。早朝便にはアルパインツアーの団体さんが乗っておられるとのこと。

港に駐車してある観光バスは見覚えのある紋別観光のバス。運転手さんは昨年のワイバードのツアーでお世話になった方でした。

時間を持て余し、漁港の中をうろちょろ歩き回りますが、居るのはオオセグロカモメぐらいでした。

Oosegurokamome467620150616

漁港の屋根の下では小規模な水揚げが行われていて、その脇で、カレイを咥えたオオセグロカモメが大きな獲物を持て余していました。ホシガレイでしょうか。

Oosegurokamome468420150616

何度も飲み込もうとしますがかないません。咥えて飛んで行きました。

Oosegurokamome526420150616

港の堤防の上では抱卵中の番が多く見受けられ、

Oosegurokamome527320150616

漁港の倉庫の屋根の上にも営巣するオオセグロカモメが沢山居ました。

街中の民家の屋根にも営巣していて、前夜泊まった花咲の民宿の近くでも、朝早くからトタン屋根を歩く騒々しい足音が聞こえていました。(民宿は個室で、耳栓は付けておりませんでした。)

**********************************************************************

「エトピリ館」脇の空き地にどこかで見かけたことのある綺麗な花が咲いていました。

Miyamaodamaki027920150616

富士山5合目の奥庭荘の水場の脇に咲いていたミヤマオダマキです。 高山植物と聞いていましたが、落石の港に咲いていたのには驚きました。

何時観ても綺麗な花です。

(撮影日:2015.06.16)

|

« 走古丹の子連れのタンチョウ | トップページ | 淡色型も居たフルマカモメ »

オオセグロカモメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落石漁港のオオセグロカモメ:

« 走古丹の子連れのタンチョウ | トップページ | 淡色型も居たフルマカモメ »