« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

舳倉島の野鳥 ⑩ シロハラ

舳倉島の野鳥第10弾はシロハラです。

Shirohara806320150517

コルリの出現を待っていると、いきなり大型のツグミ類が現れました。

Shirohara807620150517

咄嗟には判断できずハチジョウツグミか?と思いましたが、良く観るとシロハラのメスの幼鳥(第1回夏羽)のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月30日 (土)

舳倉島の野鳥 ⑨ シメ

舳倉島の野鳥第9弾は夏羽のシメです。

待っていたポイントに出て来たのは何とシメでした。

Shime660920150515l

でも何処か違います。 嘴の色が鉛色(灰青色)です。

Shime660320150515

もう5月も下旬、夏羽に変わったシメでした。

Shime905220150518

ここは噂に聞く舳倉島、もう少し変わった鳥が出てくれないかな?・・・と思うことしきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

舳倉島の野鳥 ⑧ マミチャジナイ

舳倉島の野鳥第8弾はマミチャジナイです。

島の中央を走る小路の中程の、海辺の番屋に抜ける笹薮のトンネルにマミチャジナイのメスの成鳥が出ていました。

Mamichajinai919220150518s

岡山の田舎で観て以来、1年振りの再会です。

Mamichajinai800220150516

Mamichajinai917820150518

余り人を恐れず、可愛い仕草を見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

舳倉島の野鳥 ⑦ コルリ

舳倉島の野鳥第7弾はコルリです。

往路に寄った戸隠では観えず、ミズバショウキンポウゲの花をバックにしたコルリの写真はまたも将来にお預けとなりましたが、舳倉島の教えてもらったコルリのポイントには余り警戒心の無いオスのコルリが居ました。

Koruri822920150517s

余りにも近付いて来るのでピントが合わず、急遽、レンズの撮影レンジをフルに戻して対応しました。

Koruri818420150517

綺麗なオスでしたが、羽に褐色の幼羽が残るので第1回夏羽でしょうか?

Koruri827020150517

撮影者は私一人。リラックスしたのか長時間、石の上で囀ってくれました。

Koruri829020150517

撮影場所は薄暗い笹薮のなかのトンネルでしたが、この日も快晴で、木漏れ日の処理には苦労しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

舳倉島の野鳥 ⑥ ノゴマ

舳倉島の野鳥第6弾はノゴマです。

シマゴマが抜けた後のポイントにはノゴマのオスが入って来ました。

Nogoma802420150516s

渡りの途中でしょうが元気なオスです。

Nogoma792020150516

Nogoma792420150516

遅くとも来月には北海道の原生花園に渡って綺麗な姿を披露してくれるのでしょうね。

来月前半は北海道遠征を計画中です。また北海道で逢いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

舳倉島の野鳥 ⑤ シマゴマ

今日の舳倉島の野鳥第5弾はシマゴマです。

Shimagoma842920150517

シマゴマは今回の舳倉島遠征で期待していた初見初撮りの野鳥でした。

Shimagoma843520150517

初日に出ていたと言うポイントを教えて貰って待ったのですが、既に抜けてしまったとのこと。 3日目に、別の場所でやっと撮ることが出来ましたが、胸の鱗斑が薄い個体でした。

Shimagoma683420150515

Shimagoma685320150515

初日に別の場所で撮った写真ですが、胸の鱗斑が薄いことからコルリのメスではないかと言われていた個体です。

腰に青味も見当たらず、この個体もシマゴマですよね。

2日目からこの場所はノゴマのオスに陣取られました。

**********************************************************************

Hegurajima037

島の西半分の中央を走る小路。 島の方達の生活道路で、偶に三輪自転車が行き交いますが、途中途中の両脇のブッシュの中にも探鳥ポイントがあり、この小路にもいきなり野鳥が飛び出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

舳倉島の野鳥 ④ 識別不能のヒタキはサメビタキ

舳倉島の野鳥シリーズは未だ第4弾ですが、早々に、私が識別不能なヒタキ種を掲載して、この拙いブログにアクセスしてくださる識者の方に判定をお願いしようと思い付きました。

Unknownhitaki846720150517

島の東端に近い松林で、コサメビタキの中に混じって行動を共にしていました。

他の写真も付け加えましょう。

Unknownhitaki8481z20150517

Unknownhitaki847020150517

Unknownhitaki852820150517

Unknownhitaki853920150517

皆、同じ場所で撮った同じ個体です。

サメビタキとは異なるし、胸の縦斑からはエゾビタキかなと思ったのですが、尾羽の形状等から「胸斑の強く出たコサメビタキ」とするのが妥当なような気がしますが如何でしょうか?

どなたか判定をお願い致します。

**********************************************************************

追記: 2016.12.01

識別不能として放置しておりましたが、この度、BIRDER 2016 10月号の特集「図鑑だけでは見分けられない鳥たち」のサメビタキ類の識別記載を参考に判定した結果、

① 初列風切の突出が三列風切の長さの約120%と大きいこと。

② 眼先の白色部がほぼないこと。 に注目し、

サメビタキ」と同定することにいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

舳倉島の野鳥 ③ コサメビタキ

舳倉島の野鳥第3弾はコサメビタキです。

鳥数が少なかった島内でしたが彼方此方でコサメビタキの姿は観ることが出来ました。

Kosamebitaki725420150516

オオハナウドの枯れた軸に止まるコサメビタキ。可愛い姿にシャッターを押してしまいます。

Kosamebitaki659620150515

水場に顔を覗かせたコサメビタキ

Kosamebitaki905020150518

これからまた渡って行くのでしょうか、数羽の群れで飛び回っていました。

Kosamebitaki887520150518

島の東端に近い松の林にも数羽のコサメビタキが居ましたが、この群れの中に胸斑がある一羽の変わったヒタキが居ました。

明日のブログでご披露致しましょう。

**********************************************************************

Hegurajima018

島の彼方此方に咲くオオハナウドの花。 特に北側の海岸線には群落が出来ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

舳倉島の野鳥 ② ムシクイの仲間 はキタヤナギムシクイ

早速ですがこのムシクイの名は?

Mushikui778920150516

体長11、2cm程。 黄色身かかった体下面に全身がオリーブ色。

Mushikui783620150516

目立つ翼帯は無く、嘴は少し長め。

Mushikui784520150516

民宿「つかさ」に近い空き地の茂みに居たのですが、以前この茂みでは迷鳥のキバラムシクイが出ていたとの話は聴きましたが・・・・・。

どなたか鑑定をお願い致します。

**********************************************************************

追記: 2017.01.01

識別不能として放置しておりましたが、この度、初見初撮りのチフチャフを掲載するにあたり、真木氏の「日本の野鳥650」のチフチャフのページの左前ページに掲載されているキタヤナギムシクイの記載内容等を参考に、

① スマートで、後ろに細長い感じに見えること。

② 初列風切の突出が長いこと等をはじめとする記載内容。

③ 舳倉島では秋の渡りの時期の観察例が殆んどであるが、過去に5月下旬に観察された例もあること。

等から、「キタヤナギムシクイ」と同定することにいたしました。

**********************************************************************

舳倉島は海女さんの島。 島の南側には番屋が並びますが、冬季は空き家になってしまいます。冬場の島民数は12、3人とか。

Hegurajima008

民宿「つかさ」の前を東に走る自転車用舗装道路。この右手の潅木の茂みにもムシクイが沢山居ました。

Hegurajima025

浜の空き地にはハマヒルガオの花が咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

舳倉島の野鳥 ① センダイムシクイ

心配していた定期船の運航も決定し、予定通り5月15日の9時に舳倉島に向け輪島を発ちました。

定期船「ニューへぐら」の船内には、なんと冬の道東撮影ツアーでご一緒した闘将・Nさんの姿も。

初めての舳倉島に、少なく見積もってもライファー5種は確実?・・・と、大きな期待を持っていたのですが、一足先に行かれている鳥友 さんからの事前連絡では、「今年は鳥が少なく、何も居ない!」とのこと。 折角の遠征を前に気が殺がれます。

明日から崩れるとの天気予報に大いなる期待をかけて、島に到着するや否や早速撮影に出掛けました。

舳倉島での野鳥撮影のスタイルは、「出てくる鳥は全て撮る!」です。

Sendaimushikui896620150518sm

先ず最初は、ご期待にそえないセンダイムシクイです。

過去に何種かの珍しいムシクイが記録されている舳倉島です。しかし、その場での同定は不可能に近く、まさに、出てくる鳥は全て撮り、後で図鑑と照合して同定です。

と言うことで、3泊4日の今回の舳倉島遠征では、センダイムシクイの写真を山ほど撮りました。否、撮ってしまいました。

以下お恥ずかしい抜粋です。

Sendaimushikui657820150515

水場に来たセンダイムシクイ

Sendaimushikui654820150515

Sendaimushikui680420150515

浜のロープに止まるセンダイムシクイ

島のいたる所で観掛けて、何回もシャッターを押しました。

**********************************************************************

Hegurajima022

今回お世話になった民宿「つかさ」

同行の鳥友さんもさんも大鼾掻き。 大酒を飲んで米国製の耳栓をして寝て、今回は何とか寝不足を解消致しました。

Hegurajima033

島のあちこちに咲いていたツルキキョウの花

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

戸隠のキバシリ

今日の野鳥は戸隠森林植物園で撮ったキバシリです。

Kibashiri634520150514

余りにも鳥影が少ないので、早めに輪島に向けて出発しようと引き揚げて来た園の入り口近くにキバシリが居ました。

Kibashiri628220150514

巣立ち雛が木の裏側に居て、番の親鳥が採餌に忙しく飛び回っているようでした。

Kibashiri628420150514

素早くて、なかなかファインダー内に捕らえることが出来ません。

Kibashiri629520150514

遠くで鳴くクロツグミの声に送られて、一路、舳倉島への玄関口である輪島に向かいました。

明日からは舳倉島の野鳥を掲載致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

元気に囀るミソサザイ

菜園作業を終えて10日に神奈川に帰って来ました。

ブログに大穴を空けてしまいましたが、里帰り出産で元気な孫娘を出産した次女を送り出した後、14日から昨日まで鳥友Sさんと3人で舳倉島に行って来ました。

世界有数の渡り鳥の休息地として、また、バーダーのメッカとして知られる舳倉島ですが、私にとっては初めて訪れる探鳥地でした。

今回、鳥数が少なく珍鳥にも恵まれなかった舳倉島でしたが、目下膨大な数のショットを整理中です。おってご披露致したく思っています。

とりあえず、今日は、行きがけに寄った戸隠森林植物園で撮ったミソサザイです。

Misosazai623020150514

3年ぶりの戸隠でしたが、参道寄りの駐車場は有料となり、園内の木道は老朽化が進み、そして鳥影も少なくなった様に感じましたが、

Misosazai625420150514

いつもの場所のミソサザイだけは、今年も元気に囀っていました。

そして、ここだけの話ですが・・・、

この日、小鳥のこみちを歩いていた時、随神門の方から大鳥居の方角に向けて赤い鳥が飛んで行くのを観てしまいました。

赤い鳥、復活なるか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

去年の巣を補修するコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

連休も明けたこの頃、コシアカツバメは巣作りの真っ最中です。

Koshiakatsubame602020150506

何処からか嘴一杯に泥を咥えて遣って来て、

スズメが占拠するコシアカツバメの古巣の横で巣作りを始めました。

Koshiakatsubame604820150506

あれーッ? 最後に作るはずの入り口が出来上がっています。

どうも昨年の巣を補修して使うようです。

昨年の5月20日に掲載した「腰赤燕の巣作り」でご紹介したイトマキエイの様な形の巣の側壁が経年で崩落し、その古巣を補修して再利用するようです。

Koshiakatsubame606520150506

一羽が巣作りしている間、もう一羽は近くで待機です。

Koshiakatsubame607320150506

巣作りは番の共同作業。

Koshiakatsubame592820150506

これは束の間の休憩シーンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

燕の古巣を使うスズメ

今日の野鳥はスズメです。

都会での減少と少子化が報告されるスズメですが、ここ岡山の田舎ではまだまだ沢山のスズメが居ます。

隙間のある瓦屋根や瓦屋根自体の減少により、最近の営巣場所はもっぱらコシアカツバメの古巣です。

Suzume594520150506

コシアカツバメが渡去した冬の間にチャッカリと占有してしまいます。まるで建売住宅のようです。

この時期は子育ての真っ最中で、傍らでせっせと新たな巣を新築するコシアカツバメを横目に、

Suzume591820150506

親鳥が青虫なんぞを雛に運んでいました。

Suzume590520150502

コシアカツバメの巣の下には数番のスズメがたむろして、

Suzume587920150502

Suzume588020150502s

周辺はまるで「雀の御宿」状態です。

こちらでは、

Suzume5909z20150506

2番子の仕込みでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

セグロセキレイの求愛行動

今日の野鳥は日本の固有種であるセグロセキレイです。

コシアカツバメの営巣状況を確認しに行った駐車場に2羽のセグロセキレイが居ました。

散髪屋さんの雨樋の裏で育雛中だったキセキレイの雛は昨日のこどもの日に皆巣立っていきました。そして、近所の何処かで繁殖中だったハクセキレイの巣立ち雛は獰猛なハシブトガラスにやられてしまいました。

そんな中、セグロセキレイの珍しい求愛行動が観られました。

Segurosekirei597820150506

Segurosekirei598020150506

Segurosekirei598220150506

Segurosekirei598420150506

背中の羽を逆立たせてキジがする様なディスプレーをしました。

Segurosekirei598620150506

しかし、期待していた一線も白線も越えませんでした。

繁殖期が遅いのでしょうか? それとも2番子の繁殖でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

鴉にモビングされたノスリ

今日の野鳥は在庫の中からのノスリです。

正月明けの帰省から帰宅して冬の道東ツアーを待つ間に、神奈川県西のMFを探鳥した際に撮ったノスリの写真がありました。

県西のMFにも、谷戸型の地形が多く残されており、特に冬場は其処此処でノスリの姿を目にします。

Nosuri2544z20150212

青空の下を滑空です。

Nosuri255120150212

Nosuri255220150212

Nosuri255320150212

Nosuri256120150212

観ている方も気持良くなる様な滑空シーンでしたが、

Nosuri256720150212

ハシボソガラスが出て来てモビングを仕掛けました。

Nosuri257020150212

折角楽しんでいた滑空シーンもお終いとなってしまいました。

2日後、同じ場所で、

Ootaka264720150214

オオタカの姿を見掛けました。

(撮影日:2015.02.12,14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

奇怪な顔付のゴイサギ

今日の野鳥は在庫の中からゴイサギです。

2月の半ば、湿生公園の竹薮に羽繕いをするゴイサギが居ました。

Goisagi270420150214

白くて長い冠羽を持つ成鳥です。

Goisagi2701z20150214

しかし、赤い虹彩のギョロ眼で睨まれてしまうと・・・

Goisagi2758z20150214

怖い感じがしないわけでもありません。

昔よく郷里の河川で、夏の夜中にカンテラ(アセチレンのガスランプ)の灯かりで川魚を漁りましたが、夜行性のゴイサギに「ギャッ」と鳴いて足元から飛び立たれ肝を冷やした経験があります。

驚いて持っていたカンテラを水に落としてしまいましたが、真っ暗闇の中でした怖い経験も今は懐かしいゴイサギとの思い出です。

昼間のゴイサギの表情もかなり奇怪で怖いものです。下は、その奇怪な表情の写真です。

Goisagi2660z20150214

Goisagi2661z20150214

Goisagi2662z20150214

Goisagi2665z20150214

このくらいにしておきましょう。

(撮影日:2015.02.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

育雛中のキセキレイ

今日の野鳥はキセキレイです。

帰省して菜園作業をやっていると野鳥撮影にもなかなか出掛けられず、ブログネタも尽きてしまいます。1ヶ月以上も前の在庫の写真を掲載して顰蹙を買うのも仕方の無いことなのですが、昨日は、田舎でしか観えないキセキレイの雛への給餌シーンを撮ることが出来ました。

実家の前の散髪屋さんの裏手に毎年キセキレイが営巣して雛を育てます。今年も順調に育雛していて、巣の中の4羽の雛が大分大きくなって来ました。

許可を貰い、愛車をブラインド代わりにして車内から撮影させて頂きました。

Kisekirei578220150502s

営巣場所は昨年と同じエアコンの室外機と雨樋の間の狭い場所。人通りもそこそこあってカラスや天敵の攻撃からは雛の防御が可能な場所なのでしょう。

Kisekirei561120150502

近くの路面から芋虫を捕ってきたキセキレイのオス。

Kisekirei569620150502

カワゲラを捕ってきたキセキレイのメス。 営巣場所から川までは15mほどの距離です。餌さ獲りには事欠きません。

Kisekirei570220150502

旧店舗の黄色のテントの庇が雄鳥のお気に入りの場所のようです。

Kisekirei582820150502

カゲロウカワゲラなどの羽虫を口一杯に捕って来ました。

Kisekirei574420150502

Kisekirei574620150502

Kisekirei578520150502

雨樋の後ろにのぞく雛の尾羽からは巣立ちが間近なことが推察されます。暑い中、無事に巣立ってくれることを祈りながら、撮影を切り上げました。

ところで、帰省中の岡山県西の高梁市ですが、一昨日、気温30.5℃を記録し、またまた日本一となったそうです。(昨日は31℃を越えました。)

確かに暑い一日でしたが、「高梁市、気温日本一を記録」という報道を聞くと、「一体何処で測っているんだ」という質問が飛び交うのも、不名誉な記録との認識があるからなのでしょうね。

ちなみに高梁市の観光キャッチフレーズに、これを逆手に取った「アツイぜ、高梁(市)」があります。 猛暑の中、今夏も頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

コゲラの瞬膜

今日の野鳥はコゲラです。

先日のカケスを撮った山の公園で帰り仕度をしていると、目の前の木の幹に動く影が。

Kogera559020150428

コゲラです。

コツコツと叩いて、厚い表皮の中から小さな甲虫を摘み出しました。

そう言えば、未だ桜が蕾みの頃、神奈川の自宅近くの公園で撮ったコゲラの在庫写真がありました。

Kogera9642z20150323

朽ちて折れた枝先で餌の虫を探していましたが、瞬膜をおろした舌出しの瞬間が撮れました。 (撮影日:2015.03.23)

下は頭部の拡大です。

Kogera9642zz20150323

普通、瞬膜は白っぽい半透明だと思っていましたが、コゲラの瞬膜は黒っぽくてかなり強靭そうです。

穴掘り時に飛び散る木っ端から眼を保護するためにこんな瞬膜を持つに至ったのでしょうが、安全基準を十分に満足しているゴーグルなのでしょうね。

御身大切 (安全第一) 仕事第二」 昔、どこかで聞いた標語です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

今年も遣って来たコシアカツバメ

今日の野鳥はコシアカツバメです。

毎年、町内の巨大な建物である「生涯学習センター」の軒先に巣を掛けるコシアカツバメですが、今年も数番が遣って来て昨年の巣の確認を始めたようです。

実家から菜園へ通う道すがら顔を合わせる間柄ですが、まだ個体数が少なく、僅か3番を数えるのみです。これから渡って来るのでしょうか?

Koshiakatsubame545520150427

ツイーッ、ツイーッ」、「ジュィー、ジュルジュル」と鳴きながらツバメの居る畑に降り立ちました。

Koshiakatsubame546220150427

Koshiakatsubame546320150427

Koshiakatsubame546420150427

帰省してからここ10日間ほど一滴も雨が降っていません。 本来巣作り中のコシアカツバメですがさぞかし困っているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »