« 水辺のシジュウカラガン | トップページ | 水面に舞うダイサギ »

2015年4月14日 (火)

谷津干潟のセイタカシギ

今日の野鳥はセイタカシギです。

先月末、シジュウカラガンを撮りに行った帰りに、船橋は谷津の自然観察センターに寄ってみました。

生憎、センターは臨時休刊日でしたが、干潟の南西の小道から北帰行前のカモ類や17羽の群れで居たセイタカシギの撮影を楽しみました。

Seitakashigi330320150331

飛翔するセイタカシギ。 (左クリックで少し大きな写真になります。)

白黒の身体に赤い長い脚。 何時見ても綺麗な鳥です。

Seitakashigi329420150331s

17羽の群れの中に、数羽の首筋の後ろが黒いセイタカシギが居ました。 未だ観ぬ珍鳥オーストラリアセイタカシギに少し似ています。

Seitakashigi325220150331

頭の模様は個体差が大きく、

Seitakashigi324120150331

こんな真っ白い個体も居たりで、分っているのですが、ついつい後首筋の黒いのを追い掛けてしまいます。

Seitakashigi329920150331

Seitakashigi330020150331

飛び立ちの飛翔姿と、

Seitakashigi324520150331

間接頭掻きをする若鳥の姿です。

シギチも種によって、そのまま足を上げて直接頭掻きをする種と、翼の上から足を回して間接的に頭掻きをする種があるそうで、このセイタカシギは写真のように後者の間接頭掻きをする種です。長い足、難しくないのかな?

そして最後は、

Seitakashigi349220150331s

葦原前の干潟で採餌する風景です。

(撮影日:2015.03.31)

|

« 水辺のシジュウカラガン | トップページ | 水面に舞うダイサギ »

セイタカシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷津干潟のセイタカシギ:

« 水辺のシジュウカラガン | トップページ | 水面に舞うダイサギ »