« 冬の道東の野鳥 ㉕ オオハクチョウ | トップページ | 冬の道東の野鳥 ㉗ マヒワ »

2015年4月 8日 (水)

冬の道東の野鳥 ㉖ オオマシコ

既に夏鳥の到来が報告されている今日この頃ですが、冬の道東シリーズを未だ続けており申し訳ございません。

今日の野鳥は第26弾のオオマシコ です。

旅も最終段。 未だ小鳥を撮っていません。 車中では、ベニヒワシマエナガ 等のどこかのパンフレットに書かれていた「出会いたい鳥」、「撮影したい鳥たち」の名が意識的に発せられて、ガイドのNさんにプレッシャーを掛けます。

そこはNさん。大したものです。

道路脇にオオマシコの群れを見付けて、バスは又もや急停車。今回が初めての若い運転手さんにはヒヤヒヤものです。

Oomashiko694620150222s

道路脇の立ち木の枝に止まるオオマシコ のオス。 群れの中には綺麗な赤色をした数羽のオスが居ました。

Oomashiko695920150222

雪が多いので餌が探せず、路肩に顔を出した草地が小鳥達の餌場のようでした。

Oomashiko703720150222

下は、雪上に落ちた草の実を啄ばむオオマシコのメスです。

Oomashiko699020150222

Oomashiko699520150222

白い雪の中の赤いオオマシコ。 思ってもいなかった美しいシーンが撮れました。

ベニヒワ は居ないの?」、 「シマエナガ は無理かなぁー。

オオマシコ を撮り終えて帰ってきたバスの中では、Nさんに聞こえるように、こんな声がしました。

旅は、残すところあと数時間となりました。

|

« 冬の道東の野鳥 ㉕ オオハクチョウ | トップページ | 冬の道東の野鳥 ㉗ マヒワ »

オオマシコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の道東の野鳥 ㉖ オオマシコ:

« 冬の道東の野鳥 ㉕ オオハクチョウ | トップページ | 冬の道東の野鳥 ㉗ マヒワ »