« ヒドリガモの杭の争奪 | トップページ | 浜のコチドリ »

2015年4月17日 (金)

渡去前のハシビロガモ

今日の野鳥はハシビロガモです。

満潮を迎えた谷津干潟の西の水路には、北帰行を間近に控えたハシビロガモの群れが集まっていました。

Hashibirogamo331020150331

綺麗な羽色のオスとすまし顔の地味なメスのペアです。

渡去前で活性が上がっているのか、

Hashibirogamo3288z20150331

飛び回り、

Hashibirogamo347720150331

Hashibirogamo348120150331

羽ばたきをするハシビロガモの姿が方々で観察されました。

Hashibirogamo316620150331

大写しです。

名の通り大きな幅広い嘴をしていて、その先端から水を吸って、上下の嘴の横にある漉櫛を通して排水し、珪藻等のプランクトンを捕食するそうですが、オスの黒い大きな嘴は機能的にも髭鯨ヒゲクジラ)の口の様にも見え、名を「鯨嘴鴨クジラハシガモ)」としても良かったのではと思うことしきりです。

Hashibirogamo465020150412

そしてこれは、後日、谷津干潟自然観察センターの淡水池で撮った番の写真ですが、手前のオスの嘴をご覧下さい。吸い込んだ水を嘴の基部から排出しているのが見えますね。

Hashibirogamo348620150331

葦原の前の干潟で憩う番。

もうすぐ渡って行くのですね。

(撮影日:2015.03.31)

|

« ヒドリガモの杭の争奪 | トップページ | 浜のコチドリ »

ハシビロガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡去前のハシビロガモ:

« ヒドリガモの杭の争奪 | トップページ | 浜のコチドリ »