« 水面に舞うダイサギ | トップページ | 渡去前のハシビロガモ »

2015年4月16日 (木)

ヒドリガモの杭の争奪

今日の野鳥はヒドリガモです。

渡来数が多く、何処にでも居て、見飽きて、滅多に撮らないヒドリガモですが、先月末に訪れた千葉県船橋の谷津干潟には、残り少なくなったオナガガモハシビロガモに交じり、ヒドリガモの群れが、水面に出た数本の杭の争奪戦を繰り広げていました。

言わば、ベンチの取り合いですね。

Hidorigamo333620150331

天場がフラットな杭は格好の休憩場所のようで、空き待ちが発生します。

Hidorigamo333820150331

そこは畜生。 民度の低い何処かの国の一部の人達の様に、割り込み、奪い合いが始まります。

Hidorigamo332220150331

3本ある杭の中の左端の杭の天場は尖っていて、水掻きのある足では止まれません。

Hidorigamo334120150331

Hidorigamo334820150331

メスの後にオスが挑戦しましたが、やっと「命」のポーズが出来たにとどまり、

Hidorigamo335520150331

一気に、オナガガモのメスが陣取る隣の杭に特攻です。

Hidorigamo335620150331

以下、得意の連続写真です。

Hidorigamo335720150331

Hidorigamo335820150331

Hidorigamo335920150331

Hidorigamo336020150331

Hidorigamo336120150331

渡り前に怪我でもしたら大変です。傍若無人のヒドリガモの体当たりをかわして明け渡すしか手がありません。

Hidorigamo336220150331

姑息な手段でやっと手(水掻きのある足)にした杭も、仲間に狙われていて・・・、その後も執拗な争奪戦が繰り広げられていました。

ここは日本海でも東シナ海でもなく東京湾に面した谷津干潟でした。

(撮影日:2015.03.31)

|

« 水面に舞うダイサギ | トップページ | 渡去前のハシビロガモ »

ヒドリガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒドリガモの杭の争奪:

« 水面に舞うダイサギ | トップページ | 渡去前のハシビロガモ »