« クロツラヘラサギの飛翔姿 | トップページ | 菜園脇に現れた深山頬白 »

2015年2月23日 (月)

九州最後の野鳥は大鷭

昨夕、3泊4日の道東撮影の旅から無事帰って来ました。

天候にも、ガイドさんを含めたツアーメンバーにも恵まれ、そこそこの成果がありましたが、帰宅してPCに取り込んだら何と4,000ショットを越える枚数。整理に多大な時間が掛かりそうで・・・、これも嬉しい悲鳴でしょうか。

追って、拙い成果をご披露致しましょう。

今日は、しつこいようですが、九州遠征の最後の野鳥です。

九州最後の訪問地「大江湖」でのクロツラヘラサギの群れの写真を撮り終えて、機材を片付けていたところ、足元の側溝から、何か大きなものを咥えたオオバンが出て来ました。

Ooban202220150125

良く観ると、未だ熟れていないイチゴのようです。

Ooban202520150125

苦戦していて、何とか蔕(ヘタ)は取れたようですが大き過ぎてイケマセン。 私の写真のようです。 「 (下手な写真)は取れた(撮れた)ようですが、イケマセン

Ooban204220150125

噛み切れずに水面にぶつけて、放り投げて、まるで水球でもしているようでした。

(撮影日:2015.01.25)

当夜は八代市内リバーサイドのホテルに泊まり、予定通り、街中の割烹で(寂しく)一人で打ち上げ会を挙行致し、美味しい焼酎と地魚料理を堪能致しました。

そして翌日、大雨の中を8時間ほど運転して、岡山の実家まで無事帰り着きました。

さあ、今度は、冬の北海道の野鳥です。

|

« クロツラヘラサギの飛翔姿 | トップページ | 菜園脇に現れた深山頬白 »

オオバン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州最後の野鳥は大鷭:

« クロツラヘラサギの飛翔姿 | トップページ | 菜園脇に現れた深山頬白 »