« 出水のカナダヅル | トップページ | クロヅルの幼鳥 »

2015年2月15日 (日)

出水のクロヅル

この度の九州遠征の目的の一つに、初見初撮りとなるクロヅルの撮影がありました。

鳥インフルエンザ発生前の、昨年11月のツル情報には、8羽のクロヅルの渡来が報告されていました。

東干拓の保護区で探しましたが容易には見付かりません。保護観察員の方から教えていただいたクロヅルは遥か遠くの堤防際の田んぼで採餌をしていて、豆粒にしか見えません。

他のツルを撮って待つこと小一時間。 50mほど先の田にカナダヅルと一緒に居るのを見付けました。幼鳥を撮っていて離れた隙に飛んで来たのでしょう。

Kuroduru139020150125

どちらも珍鳥の、ツーショットです。

Kuroduru1487z20150125

頭頂に赤い肌の露出部がわずかに見えます。

Kuroduru1546z20150125

ぎりぎりのズームアップ。

Kuroduru1573z20150125

マイノリティー同士が寄り添って闊歩していました。 手前がカナダヅルで奥がクロヅル。 大きさが良く分かりますね。

Kuroduru148120150125

そしてこれはストレッチのパフォーマンス。

もちろんライファーに追加致しました。

(撮影日:2015.01.25)

|

« 出水のカナダヅル | トップページ | クロヅルの幼鳥 »

クロヅル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出水のクロヅル:

« 出水のカナダヅル | トップページ | クロヅルの幼鳥 »