« 河口に居たヨシガモ | トップページ | 河口のハジロカイツブリ »

2015年1月14日 (水)

雄は如何した頬白鴨

雲間から朝日が除く安濃川河口を海に向けて飛ぶ一羽のカモが居ました。

Hoojirogamo667820150109

着水したところを観ると

Hoojirogamo669120150109

最近どこかで観たカモです。

嘴の先が黄色くないけれど、あの渡良瀬の谷中湖で観たホオジロガモのメスではありませんか?。

周りを探すと

Hoojirogamo670320150109

他にも居ました。

Hoojirogamo670820150109


嘴の先が黄色くないのは皆幼鳥でしょうか? それにしてもメスばかり。 オスのホオジロガモは如何したんでしょうね。

まぁ、オスには2月の北海道で会えるとして、ちなみにこのホオジロガモの英名は、Common Goldeneye 。 訳すと「金目鴨」。 黄色のガラスの義眼を付けたような雌雄に共通する特徴からは、英名の方が理に適っているかもね。 オスに会えない負け惜しみです。

|

« 河口に居たヨシガモ | トップページ | 河口のハジロカイツブリ »

ホオジロガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雄は如何した頬白鴨:

« 河口に居たヨシガモ | トップページ | 河口のハジロカイツブリ »