« 湿生公園のイカル | トップページ | 安濃川河口のミヤコドリ »

2015年1月 9日 (金)

残り柿に群れるヒヨドリ

近くの東名高速道のインターチェンジ脇にの木の高木が在り、毎年、小さなの実を鈴生りにつけます。

の実は年を越しても大半が残り、その実を求めて多くの野鳥が訪れます。 ムクドリメジロツグミに、

Hiyodori562020150105

このヒヨドリです。

その数、30羽ほど。

Hiyodori563820150105

上の写真の中にも20羽ほどのヒヨドリと、10羽ほどのムクドリの姿がありますが、面白いことは、ヒヨドリは東側の雑木林から遣って来て、ムクドリは西側の市街地から遣って来ていました。

この実のつき様では未だ当分持ちそうで、 野鳥にとっては冬期の格好の餌場です。

そしてこのの木、いずれ「神奈川銘木100選」に推挙されてもおかしくないと思っています。

今日は9日。 予定では、今夜、郷里岡山に着く予定です。 溜まった菜園仕事をこなしながら、伊勢湾の野鳥撮影の成果をアップしていく予定です。

この記事は、「公開日時指定」で書いています。

|

« 湿生公園のイカル | トップページ | 安濃川河口のミヤコドリ »

ヒヨドリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残り柿に群れるヒヨドリ:

« 湿生公園のイカル | トップページ | 安濃川河口のミヤコドリ »