« 都鳥の名の由来(新説) | トップページ | 雄は如何した頬白鴨 »

2015年1月13日 (火)

河口に居たヨシガモ

安濃川河口の右岸(南側)の堤からは、午後には順光となって、頻繁に川筋を行き来するカモ類の飛翔姿を眺めることが出来ます。

手持ちのズームレンズでカモ類の飛翔姿を追い掛けていると、毛色(羽色と言うべきですが)の違うカモの姿が飛び込んで来ました。

Yoshigamo601620150108

海から上がって来たのは、なんとヨシガモのオスでした。

早速、川筋を上って確認すると、

Yoshigamo6032z20150108

ホシハジロヒドリガモの群れが集う川面にヨシガモのオス一羽だけが確認出来ました。

そして次の朝、川面を確認すると、

Yoshigamo625220150109

朝日が差し込む川面に昨日のヨシガモが一羽で居ました。

Yoshigamo655820150109

いつ見ても綺麗なカモですね。

5年前の5月に谷津干潟自然観察センターの淡水池で観た綺麗なヨシガモの番を思い出しました。

一説によると、渡来数が増えているとか。嬉しいことです。

Yoshigamo657420150109

鼻先(嘴の付け根?または額?)に特徴の白斑があります。

|

« 都鳥の名の由来(新説) | トップページ | 雄は如何した頬白鴨 »

ヨシガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河口に居たヨシガモ:

« 都鳥の名の由来(新説) | トップページ | 雄は如何した頬白鴨 »